コロナ拡大「若者が悪い」の偏見やめて 日テレ藤井アナのコメントに称賛「心に刺さります」

東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数が急増していることを受け、「news every.」(日本テレビ系)のMCを務める藤井貴彦アナウンサーが視聴者に伝えたコメントが反響を呼んでいる。

1日の感染者が初めて3000人、全国の感染者数が9000人を超えた、2021年7月28日の放送でのことだ。

■「おひとりおひとりが落ち着いて対策を取ることが大切」

藤井アナは、新規感染者数が急増していることについて、「不安で動揺しているという方がいらっしゃいましたら、是非基本を思い出して下さい。手洗い、マスク、ディスタンス。この3つが守られていれば、リスクは大幅に減らせます」と丁寧にリマインドする。

また、新規感染者数の年代別内訳で、主に20代〜30代の若い世代が目立つことについて、

「いま、若い方が感染していて、『若い人は全然気をつけてないんじゃないか』っていう目で見られる、そういう目が怖いという若い人も何人かいらっしゃるようです」

と切り出す。そして、一部であがっている若者への批判的な声に対し、

「感染対策を取っている人もいるし、ワクチンを打ちたいと思って積極的に行動している人もいるので、そのあたり、一概にして『若い人が悪い』って言わない世の中になってもらいたいなと思います」

と冷静かつあたたかにコメントをするのだった。

■「一人でも多くの人に届いて欲しい」

藤井アナといえば、現在開催中の「東京2020オリンピック・パラリンピック」開会式の日の放送の際、オリンピック開催を疑問視する声が多くあがっている状況に、

「せっかくやるなら応援しよう、と言うつもりはありません。ただこの大会に純粋な思いを、努力を注ぎ込んだ人がいます。その人たちへのリスペクトは忘れたくありません」

とコメントし、称賛を得ていた。

こうした藤井アナのコメントは、瞬く間にネット上で話題を呼び、

「藤井アナのメッセージは心に刺さります」
「藤井アナは本当いいことおっしゃる...本当すごい...」
「藤井アナがすきです! 心のある人で、本当に素晴らしいアナウンサー!」
「一人でも多くの人に届いて欲しい藤井アナの言葉」
「藤井アナ人生二週目?ってくらいみんなを落ち着かせてくれる言葉を話すよね」

などと反響があがっている。

関連記事(外部サイト)