米紙編集者、日本のコンビニ食品めぐり不適切投稿 批判相次ぎ「お粗末な言葉の選択だった」と釈明

米紙ニューヨーク・タイムズの編集者が、日本の食品に対して放射性物質を含んでいると指摘するように受け取れるツイートをし、物議をかもしている。

騒動を受けて投稿は取り消され、「意図しない意味を持つお粗末な言葉の選択だった」と非を認めた。

■「風評被害が拡大する」「看過できない」

投稿したのは、ニューヨーク・タイムズの編集者、ジュリアナ・バルバッサ氏。

同僚のタリク・パンジャ記者が2021年8月2日、日本のコンビニで購入したたまごサンドの写真を投稿し、「次のレベルの美食体験だ」などと書き込んだところ、バルバッサ氏が「it looks slightly radioactive」とリプライ(返信)を送った。

投稿はすぐさま「風評被害が拡大する」「看過できない」などと批判を集め、撤回を求める声が相次いだ。

パンジャ氏は3日、J-CASTニュースの取材に「(バルバッサ氏は)具材の色について話したのであって、批判的な意図はなかったと思う」と答えた。ツイッターでも、たまごサンドの見た目が放射性物質ウランの半製品「イエローケーキ」(ウラン精鉱)に似ていると指摘したかったのではと見る向きもある。そのほか、 radioactiveは「放射能(性)」ではなく、派手な黄色を指していると解釈した人も散見された。

3日昼、バルバッサ氏およびニューヨーク・タイムズ社にも取材を申し込むと、バルバッサ氏は4日までに投稿を削除し、「It was a poor choice of words with unintended meaning(意図しない意味を持つお粗末な言葉の選択だった)」とツイートした。

ニューヨーク・タイムズ社の広報担当者からは、取材への回答として投稿を削除した事実が伝えられたものの、見解については明かさなかった。

関連記事(外部サイト)