IOC、村上茉愛を「中国代表」と紹介 五輪ユーチューブ動画で発覚...指摘後に修正

IOCが村上茉愛を『中国代表』と紹介 間違いを指摘する声が殺到した後に修正

記事まとめ

  • IOCのYouTubeチャンネルで、銅メダルに輝いた村上茉愛が『中国代表』と紹介されていた
  • さらに、動画の見本用画像となるサムネイルには中国の国旗が掲げられていた
  • 日本語や英語などで間違いを指摘する声が殺到し、後に動画が修正された

IOC、村上茉愛を「中国代表」と紹介 五輪ユーチューブ動画で発覚...指摘後に修正

国際オリンピック委員会(IOC)のユーチューブチャンネルで、東京五輪の体操女子・床運動で銅メダルに輝いた村上茉愛選手(24)を「中国代表」と誤って紹介していたことが分かった。

J-CASTニュースがIOCなどに取材を申し込むと、直後に修正された。

■動画のサムネイルには、中国の国旗も掲げられて...

この動画は、2021年8月3日にIOCの公式チャンネル「Olympics」に投稿された。チャンネル登録者数は730万人いる。

村上選手は、16年のリオ五輪にも出場しており、そこで披露した床運動などの演技を7分強にわたって紹介している。

ところが、タイトルを見ると、「Mai Murakami CN ALL routines at Rio 2016!」となっており、「CN」と中国の国名コードが使われていた。さらに、動画の見本用画像となるサムネイルには、「Mai」の表示の右側に中国の国旗が掲げられていた。

これに対し、動画のコメント欄には、「国を間違ってますよ!!」「タイトルとサムネ見てください。中国国旗つけられてます」などと、日本語や英語などで間違いを指摘する声が続々と書き込まれた。中には、IOCのトーマス・バッハ会長が7月13日、大会組織委の橋本聖子会長との面会で「最も大事なのはチャイニーズ・ピープル(中国の人々)」と誤った発言をしたことと結び付ける向きさえあった。

この件について、J-CASTニュースは8月5日昼過ぎに、組織委や国際オリンピック委員会(IOC)、日本オリンピック委員会(JOC)に取材依頼した。すると、同日夕には、動画タイトルの「CN」が日本の国際コード「JP」に変更された。また、サムネイルでも、「Mai」の右側が日本の日の丸に入れ替わった。

組織委は5日、「IOCへお問い合わせください」とだけ取材に回答した。IOCやJOCからは同日20時現在で回答は来ていない。回答が来次第、追記する。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

関連記事(外部サイト)