フジロック、来場者に「新型コロナ抗原検査キット」無料送付へ 「ひとり一人の行動がとても大切」

国内最大級の野外音楽イベント「FUJI ROCK FESTIVAL'21」(フジロック、新潟・苗場スキー場)の主催者がチケット購入者へ向けて、新型コロナウイルスの抗原検査キットを無料で配送するという案内をメールで配信していたことが2021年8月6日、分かった。

配信によると検査で陽性が判明した場合には、来場の辞退とチケット払い戻し手続きを願うという。

■「ご来場の際の陰性証明等は不要です」

フジロックは 8月19日のエリア限定・プレオープンから22日まで4日間に渡って開催が予定されている。2020年は新型コロナウイルス感染拡大を受けて開催を見送っており、2021年は2年ぶりの開催となる。

メール配信を受け取ったという複数のツイッターユーザーが、その文面を投稿している。それによると、「主催者より、ご来場前の検査の呼びかけと検査キット無料配送のご案内です」と伝えられている。

検査キット配送の受付期間は6日12時から12日18時まで。17日までに配送されるという。また検査後の対応については、

「陽性が判明した場合は、来場をご辞退いただきチケットの払い戻し手続きをお願いいたします」
「ご来場の際の陰性証明等は不要です」

とある。

■案内で伝えられた主催者からのメッセージ

複数のツイッターユーザーが投稿した主催者からのメッセージの詳細は以下となる。

「フジロックに向かう途中で遭遇する全ての方、迎えてくださる方や会場で出会う方の安全を守るため、今、ひとり一人の行動がとても大切です。
全ての方の安全を守るため、ご来場前にご自分が感染していないかを確認するための抗原検査にご協力をお願いいたします。

出演者・スタッフ・関係者は、事前にPCR検査を行い、陰性を確認して苗場に入ります。
また、開催地ではフジロックに携わる観光従事者の方々がワクチン集団接種を行って、皆さまをお待ちしております。
感染防止には、主催者の防止対策はもちろんのこと、参加される皆さまのお互いを思いやる気持ちが必要です。
万が一、感染が確認されたお客様につきましては、8/13(金)に発表しますチケットの払い戻しの措置をお受け入れいただけますようお願いいたします」

今回のお知らせにツイッター上では、「参加者全員に検査キット送るフェスってガチやな...」「赤字覚悟でもとにかく開催することへの推進力が凄まじい」などといった声が上がっている。

J-CASTニュースの取材に応じたフジロック主催・SMASH(東京・港区)は6日、抗原検査キット無料送付を案内するメールを配信したことは事実だとし、「チケット購入の規約に基づき、チケット購入者の方々に向けたご案内としてお送りしているものになります」と答えた。

なおフジロックは公式サイトやSNS上で「感染防止対策ガイドライン」も発表している。

関連記事(外部サイト)