メンタリストDaiGo「差別発言」問題で反論 「あくまで感想」「感想に間違いもクソもない」

メンタリストのDaiGoさんが、「生活保護の人が生きてても僕は別に得しない」「ホームレスの命はどうでもいい」などとYouTubeの生配信で発言したことに、批判が相次いでいる。

批判を受けてDaiGoさんは、問題視された発言は「あくまで僕1人の感想」だとして、「感想に間違いもクソもない」などと批判に反論している。

■「人間の命の方が重いなんて僕全く思ってないからね」

問題となっているのは、2021年8月7日にライブ配信された「【超激辛】科学的にバッサリ斬られたい人のための質疑応答」と題された動画だ。DaiGoさんは約2時間半の間、視聴者からの質問に答えている。

問題の発言があったのは、「幼い頃、親に『お前のやることは全て間違っている』と言われたことがトラウマになっている」という質問に対する回答だ。DaiGoさんは質問者に対し、親の言葉を言い訳にせず行動するべきだと背中を押している。

その中でDaigoさんは、必ずしも努力しなければならないと言うわけではないとして、「言い訳にまみれて何にも行動しない人生があっても別にいいと思うんだよね。日本だったら、生活保護をもらって生きていけるんで」と発言した。

「僕は生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めてるんじゃないからね。生活保護の人たちに食わせるくらいなら、猫を救ってほしいと僕は思うんで。生活保護の人が生きてても僕は別に得しないけど、猫が生きてれば僕(にとって)は得なんで」

さらに、「猫が道端で伸びてたら可愛いなぁと思うけど、ホームレスのおっさんが伸びてると『なんでこいつ我が物顔でダンボールひいて寝てるんだろな』と思うもんね」とも話した。

「僕は今日(のコンセプトが)辛口っていうか、ダークなんで」と前置きしつつ、「人間の命と猫の命、人間の命の方が重いなんて僕全く思ってないからね」として、

「自分にとって必要のない命は僕軽いんで。ホームレスの命はどうでもいいんで」

と切り捨てた。

■「謝罪っていうのは別に...」

さらにDaigoさんは、視聴者に向けて、「みんな思わない?どちらかっていうとホームレスっていない方が良くない?言っちゃ悪いけど。邪魔だしさ、プラスにならないしさ、臭いしさ」と問いかけた。

こうしたDaiGoさんの発言には、差別的だと問題視する声が相次いでいる。

「メンタリストDAIGOって平気で人を見下す人なんだな、やっぱりなという感じではあるがここまで酷いとはな...」
「猫に捨てられるべきもの、酷い目にあわされるべきものなんていないように人間にもいない」

こうした批判を受けて、DaiGoさんは12日深夜にYouTube配信を行い、

「炎上してるんですね。ごめんなさい、全然配信するつもりなかったんで」

と笑顔で切り出した。炎上については調べていないとしていたが、問題となった動画は質問に「辛口」で答える趣旨だったとして

「問題発言が多数......僕が思い当たる限りで3つくらいあったんで、その一個が炎上したみたいなことなんでしょうね」

と振り返る。

そのうえでDaigoさんは、ワインを飲みながら、問題視されている発言について、生活に困窮する人への批判や、生活保護のシステムへの批判ではなく、「あくまで僕1人の感想」などと持論を展開。その後さらに、

「個人的な感想に間違いもクソもないと思うんで。これは別に個人の意見じゃないですか、それに対して謝罪っていうのは別に...」

とも話していた。

■弟・松丸亮吾も怒り「絶対に許されない」

またDaigoさんは、「(自分は)税金をたくさん納めている」などとして、「僕が払ったたくさんの税金は、他の人よりも比率が高いから、生活保護だったりだとか、ホームレスとかの保護に回る可能性が非常に高い。だから(アンチよりも)僕助けてますんで」とも語っていた。

この動画に対しても、やはりDaiGoさんの発言には問題があるとする声が相次いだ。

「辛口だからって他人を傷つける発言が容認されるわけじゃないんだよなあ」
「表現の自由が誰かを傷つける免罪符にはならない」
「税金そんなに払ってるからって、その発言は良くないだろ」

DaiGoさんの弟で謎解きクリエイターの松丸亮吾さんも12日のツイッターで、この発言に苦言を呈している。

「今まで兄が炎上しても『また炎上してんな〜〜』くらいにしか思ってなかったし触れないようにしてたけど、人の命を軽く見る発言だけはさすがにダメです。それだけは絶対に許されない。今度会ったら絶対に論破するまで怒り続けます。今回ばかりは兄がおかしい。ごめんね」

関連記事(外部サイト)