大雨で避難所開設→すぐに食料配送 山崎製パンの迅速支援に反響...依頼の市長も「何という会社なのでしょう」

山崎製パンが大雨で開設の避難所にすぐ食料配送 依頼の市長「何という会社」と感謝

記事まとめ

  • 岡山県総社市では14日、大雨による水位上昇や土砂災害発生の危険を受け、避難所を開設
  • 山崎製パンは同市内にある工場から、同日中に菓子パンが避難者の元へと届けた
  • 依頼した総社市長はこの迅速支援に「何という会社なのでしょう」と感謝の思いを伝えた

大雨で避難所開設→すぐに食料配送 山崎製パンの迅速支援に反響...依頼の市長も「何という会社なのでしょう」

お盆の日本列島を襲った大雨。岡山県総社市では2021年8月14日、市内を流れる高梁川の水位上昇や土砂災害発生の危険を受け、各地に避難所が開設された。

そこで立ち上がったのが、大手パンメーカーの山崎製パン(本社:東京都千代田区)。総社市内にある岡山工場から、同日中に菓子パンが避難者の元へと届けられた。迅速な対応に、総社市長は「何という会社なのでしょう。本当に感謝しかありません」と思いを伝えている。

■「リアルアンパンマン」と評する声も

8月11日以降、前線の停滞を受け、西日本を中心に大雨が降り続いている。河川の氾濫や土石流が発生するなど被害が生じた自治体もあり、18日昼現在、全国18市町村で国の災害救助法が適用されている。

総社市も、今回の大雨による影響を受けた自治体の一つだ。14日に各地で避難指示を発令。市内9か所に避難所が開設された。

8月14日昼、総社市の片岡聡一市長は、市内北部にある昭和地区の避難所の様子について、写真付きのツイートを投稿する。写真に映っていたのは、何段にも積み重ねられた配送カートと、大量の菓子パンだった。

「昭和地区の避難所に早速、山崎製パン様からそっと差し入れが届きました。何という会社なのでしょう。本当に感謝しかありません」

投稿は4万5000を超えるリツイート、15万を超える「いいね」を集めるなど話題に。「凄い!」「本当に素晴らしい」「さすが世界のヤマザキ」と山崎製パンの対応に称賛の声が集まった。困った人のもとにすぐ駆けつけ、パン(顔)を食べさせるという意味からか「リアルアンパンマン」と評する声もあった。

J-CASTニュースは8月16日と17日に、山崎製パンと総社市に配送の経緯を聞いた。

双方の話をまとめると、総社市内に避難指示が出された14日、山崎製パンは市内にある岡山工場から、1400個の菓子パンを市役所と消防署に配送。パンは総社市からの依頼を受けて送ったものだった。その後、市は前述の昭和地区など、各避難所に分配。避難した371人の市民の元へ、パンが渡った。

■3年前の豪雨災害でも支援

実は山崎製パン、大雨被害を受けた他の自治体でもパンを届けていた。市内の広い範囲で避難指示が出ている広島市内では、13日から16日までの4日間で計2000個の菓子パンを支援。配送拠点となったのは、広島市にある広島工場だった。

住宅などの浸水被害が出た広島県安芸高田市では、同市の石丸伸二市長が8月15日、ツイッターで「急な依頼にもかかわらず、900個のパンを用意して下さいました」と山崎製パンの支援があったことを報告。「当初は難しいという話だったようなので、相当のご配慮を頂いたものと思います。本当にありがとうございました」と感謝を述べている。

山崎製パンは過去の東日本大震災(2011年)や、熊本地震(2016年)といった大規模災害の発生時にも、被災地へいち早くパンを届けたことで知られる。全国に26か所の工場を持ち、自前の配送トラックで商品を店舗に輸送。独自に築いた供給網が、非常時での迅速な支援を実現させている。

今回、山崎製パンから菓子パンを受け取った総社市。3年前に発生した「平成30年7月豪雨」では、高梁川の越水により大きな被害を受け、最大8000人を超える避難者を出した。その時も、山崎製パンによる避難所へのパン支援があった。

「本当に助かっております」。再びの支援に、総社市危機管理室の担当者は感謝を口にした。

(J-CASTニュース編集部 佐藤庄之介)

関連記事(外部サイト)