「国後島から亡命希望」に日本政府が苦慮する理由 ロシアの面会要求が持つ「重い意味」とは

北方領土の国後島に住むロシア人男性が、約20キロ離れた対岸の北海道標津町に姿を見せ、警察に保護された。ロシア側は男性のロシア国籍が確認され次第、男性との面会を求める考えだが、日本側は対応に苦慮することになりそうだ。

男性は日本への亡命を求めているとされる。仮にロシア側の要求を認めて男性との面会を認めたり、送還したりするとなれば、人道上の問題が発生する可能性がある上、ロシアの北方領土実効支配を容認することになりかねない。加藤勝信官房長官は、今後の対応方針についてコメントを避けている。

■3年前に国後島に移住、自宅には日本のポスターが...

北海道新聞などが日本政府関係者の話として伝えたところによると、男性は8月19日夕に標津町内で住民が発見。言葉が通じなかったことから警察に通報し、警察官に保護された。「国後島から泳いできた」などとして亡命を求めているという。札幌出入国在留管理局が身柄を引き取って事情を聞いており、処遇を決める。

ロシア側の報道から、男性の素性も少しずつ見えてきた。ロシアのRIAノーボスチ通信は、関係者の話として「確実に彼であるかどうかは分からない」と断りながら、男性が北海道に渡る前に2人の友人にコンタクトしたことを明かしている。ひとりに対しては、自分のバイクを海岸に置くので、それをピックアップして売却し、そのお金を送るように依頼。もうひとりには、「『亡命者』はすでに遠くにおり、待たないでほしい」などと書き残したという。

男性は2011年に在留ビザの問題で日本から国外退去処分を受けたほか、タイやインドネシアのバリでは書類の偽造で身柄を拘束されたこともある、としている。

一方、インタファックス通信が国後島中部の都市、ユジノ・クリリスク(日本名・古釜布)の当局者として伝えたところによると、男性は40歳前後。3年ほど前、極東地域の土地を無償提供される制度を利用し、ロシア東部のウドムルト共和国から国後島に移住。国後島南部のドゥボボエ村の廃屋に住み、店舗で荷物を運んだり、トラクターを運転したりと、あちこちでアルバイトをしていたという。男性は8月17日に姿を消し、村民が自宅を調べたところ、日本のポスターが見つかった当局者は「彼は日本文化を愛していた」などと話したという。

■「ロシアに送還するようであれば、日本がロシアの実効支配を容認することに」

日本政府は、現時点ではロシア側への情報提供にはきわめて慎重だ。8月22日午後には、ロシアの在札幌総領事館が日本側とのやり取りについて、フェイスブックで

「日本のメディアが警察関係者の話として事件の詳細を報じているにもかかわらず、日本政府は公式な情報の提供を拒んでいる」

と明かしている。

具体的には、北海道警が「外国人は札幌の入国管理局に引き渡されているので何も知らないと言っている」のに加えて、海上保安庁は「データが全くないと言っている」。札幌出入国在留管理局については、「東京からの指示がなく、男性の国籍が確認できないため、ロシア総領事館に協力はできないと言っている」としている。

それでも、ロシア側としては

「その男性のロシア国籍が確認された際には、日本の当局から適切な情報を得て、面会するつもりだ」

という方針を掲げている。

だが、北方領土が日本固有の領土だという日本側の主張をそのまま当てはめれば、男性は単に日本国内を20キロ泳いで移動したに過ぎない。この点を念頭に、8月23日午前の加藤勝信官房長官の記者会見では、

「ロシアに送還するようであれば、日本がロシアの実効支配を容認することになる」

という指摘も出た。加藤氏は、男性について「札幌出入国在留管理局において、事情聴取が行われていると承知している」などと話したものの、今後の対応についてはコメントを避けた。

「個別案件で、具体的な取り扱い、あるいは今後の取り扱いについてコメントは差し控えさせていただくが、事実関係をよく確認の上、関係機関が連携し、適切な対応を図っていきたい」

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

関連記事(外部サイト)