中国メディア、「乃木坂46」に突如噛みつく 歴史問題めぐり「筋違い」批判

乃木神社(東京都港区)を訪問した中国人俳優が非難された問題に便乗する形で、中国共産党系の「環球時報」が日本のアイドルグループ乃木坂46を、やり玉にあげている。

記事では、騒動をきっかけに「各種の戦犯を祀った神社がいまだに多く存在する」ことに警戒を呼びかけており、そのうちのひとつとして乃木神社が登場。陸軍大将の乃木希典を祭った神社で、記事では「日本の女性アイドルグループである『乃木坂46』の名前も、乃木希典にちなんだものであることは注目に値する」と主張している。

アイドルグループを歴史問題と結びつけた格好だが、このグループ名は最終オーディションが行われた建物「SME乃木坂ビル」(当時)に由来する。

■2019年の乃木神社訪問が批判浴びる

そもそもの発端は、中国人俳優の張哲瀚(チャン・ジャーハン)さん(30)が、19年に乃木神社で行われた友人の結婚式に出席したことだ。当時の写真や、過去に靖国神社で撮った写真が21年8月になって中国のネット上で拡散され、批判が殺到。張さんは

「私は無知な自分を恥じ、これまでの不適切な行動を深く謝罪します」
「私は親日家ではありません、中国人です! 」

などとする声明を出したが、人民日報は

「公的人物として、このように一般的な歴史の知識がなく、民族の苦難に無自覚であることは許されない」

といった記事を掲載して批判を展開。微博(ウェイボー)をはじめとする各種SNSの公式アカウントを削除されるなど、芸能人としてきわめて厳しい局面に立たされている。

環球時報の記事は、この件に便乗する形で「ご用心!日本で戦犯を祖先として祀っている神社は他にもある」と題して8月25日にウェブサイトに掲載された。張さんの件に言及しながら、

「中国の世論は、こうした人気者の悪行を批判することに集中しているが、日本にはいまだに様々な戦犯を祀る神社があり、軍国主義の亡霊が浮かんでいるという事実にも警戒すべきだ」

と主張。東京裁判で死刑判決を受けて処刑された7人の軍人・政治家を祀った興亜観音(静岡県熱海市)に言及し、

「日本には、興亜観音のようなA級戦犯が祀られている場所のほかに、特定の軍国主義者を祀った神社が数多くある。 その中でも有名なのが、乃木神社と児玉神社だ」

と続けた。乃木希典は旅順を苦戦の末に攻略し、日露戦争勝利に導いたことで知られるが、環球時報の記事によると「悪名高い軍人」で、「日清戦争、日露戦争には、それぞれ旅団長、軍司令官として参加した。日清戦争後は第3代台湾総督を務めた、残虐な人物。 特に日清戦争では、悲惨な旅順の大虐殺に関わった」。神社については、次のように解説した。

「そんな血まみれの処刑人が、生前に対外侵略・拡大政策を忠実に実行していたことから、死後、日本の軍国主義者に『軍神』として崇められ、乃木神社は日本の軍国主義の重要なシンボルとなった」

■グループ名は「乃木希典」ではなく「SME乃木坂ビル」にちなんだもの

こういった記述の後に、唐突に乃木坂46は登場する。

「日本の女性アイドルグループである『乃木坂46』の名前も、乃木希典にちなんだものであることは注目に値する。 日本人は元旦に神社に参拝して幸運を祈る習慣があるが、乃木坂46の初詣とグループメンバーの成人式は、東京都港区赤坂にある乃木神社で毎年行われている」

乃木坂46のメンバーが初詣と成人式で乃木神社を参拝するのは事実だが、グループ名が「乃木希典にちなんだもの」だという主張は正確ではない。グループ名は最終オーディション会場が乃木坂にある「SME乃木坂ビル」(現・ジャニーズ事務所本社)だったことに由来する。

今の乃木坂は、かつては「幽霊坂」や「行合坂」(ゆきあいざか)と呼ばれていたが、乃木希典の死を悼んで当時の赤坂区議会が改名を決議したという経緯がある。

乃木坂46は中国でも広く認知されており、微博の公式アカウントのフォロワー(登録者)は311万人もいる。18年9月には、日中平和友好条約締結40周年を記念したコンサートに出演している。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

関連記事(外部サイト)