モデルナワクチン異物混入、著名人が「ロット一致」続々報告 「当たってしまいました」に心配の声

米モデルナ製新型コロナウイルスワクチンの一部ロットに異物が混入していた問題で、使用見合わせが発表されたものと同じロット番号のワクチンを接種していたという著名人が、SNSで相次いで報告している。

異物混入をめぐっては、モデルナ製ワクチンの供給を担う武田薬品工業が2021年8月26日、対応を発表。対象ロット番号は3つで、出荷した合計約163万回分のワクチン使用を見合わせるとしていた。

■「このまま体調に異変ありませんように」

武田薬品は「COVID-19ワクチンモデルナ筋注の一部製品の使用見合わせのお知らせ」として報告。文書によると原因等に関する調査は現在進行中とされ、厚生労働省に相談のうえ、異物混入のリスクが否定できないという下記のロットについて同日から使用を見合わせるとした。

3004667
3004734
3004956

番号の発表を受けて同日、タレントでモデルの益若つばささんがツイッターで、

「!!?当たってしまいました...」

と接種証明書の写真を添付し、17日に対象ロットを接種したと報告。「元気です」とも加えた。ファンからは「心配ですね」「このまま体調に異変ありませんように」といった声が寄せられている。

同じく26日には、アルピニスト・野口健さんが「Lot番号、ビンゴ...」とツイートしているほか、お笑い芸人・山本高広さんもインスタグラムで対象ロットの接種を報告。接種証明書の写真とともに、

「最悪な宝くじが当たった気分」
「おととい打って今日この発表。今のところ以上はないがコロナに感染したくないから、うつしたくないから打ってるのに異物混入って...別の恐怖におびえることになるとは マジで怖い」(原文ママ)

と心境をつづるなど、著名人からの接種報告が相次いでいる。

■「できるだけ速やかに2回目の接種を」

武田薬品は前出の発表で「これまでに対象ロットにおいて本件に関連して発生したとみられる安全性上の懸念に関する報告は受けておりません」と伝え、「本ワクチンを接種した後、普段と変わったことがあった場合には、医師に相談してください」と呼びかけた。

対象ロット使用の見合わせに伴う接種間隔の延長について同社は、接種間隔は上限が定められているものではないとして、

「接種を1回目から改めて行う必要はありませんので、できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくようお願いいたします」

と訴えている。使用を見合わせる対象ロットについては厚生労働省も同日発表している。

なお岩手県公式サイトの同日の報告によると、「厚生労働省では、全国863か所の接種会場に配送されているとしている」という。

関連記事(外部サイト)