若者向け接種の行列に「密でしたね」 まるで他人事?小池都知事発言に広がる違和感

東京・渋谷に設置された若者ワクチン接種センターをめぐる、小池百合子東京都知事の発言がネット上で物議を醸している。

受付初日となった2021年8月27日、整理券を求め会場外に長い行列ができたことについて、小池氏は「密でしたね...工夫してほしいですね、現場で」とコメント。ツイッター上では「他人事のような発言」「まさに日本の縮図」と違和感を示す声が相次いでいる。

■「現場の人ブチ切れていい」

東京都若者ワクチン接種センターは、JR渋谷駅至近の渋谷区立勤労福祉会館に設けられた。対象は16〜39歳の都内在住者と在勤・在学者。接種券と身分証明書を持参すれば、予約なしでファイザー社製のワクチンを接種することができる。

受付初日となった27日は前日夜から整理券を求めて人が殺到。朝7時半には定員の上限に達し、ワクチンを接種できない人が多く発生した。

小池都知事は27日午後の定例会見で「今日接種できなかった方は申し訳ありませんでした」と謝罪。翌28日以降は先着順ではなく、現地での抽選制にする方針を示した。

一方で、27日午前には記者陣の取材にも応じた。記者から接種会場の行列について聞かれた小池都知事は、次のようにコメントしている。

「密でしたね...工夫してほしいですね、現場で」

この「密でしたね」発言は27日のニュース番組などで取り上げられた。ツイッター上で聞かれたのは、発言に対する違和感の声だった。

「他人事のような発言」
「現場の人ブチ切れていいやつじゃん。可哀想だよこんな言われ方」
「まさに日本の縮図」

■長谷川ミラ「VTR見ててイライラ」

29日放送のワイドショー「サンデージャポン」(TBS系)でも、この発言が取り上げられた。モデルの長谷川ミラさん(24)は、小池都知事の発言映像が流れたとき、口を手で塞ぎ驚くような仕草を見せた。その後、映像についてコメントを求められると、

「今VTR見ててイライラしてきちゃって...小池さんに『密ですね』って言われて、いや、あなたの守備範囲というか、どうにかリーダーとして引っ張って行ってもらうところじゃないの、って思ったり」

と不満を吐露した。

28日からは抽選制に切り替わったものの、今度は抽選券を求めて長蛇の列が発生した。

社会学者の古市憲寿さん(36)は30日の情報番組「めざまし8」(フジテレビ系)で「若者に対して現場に来てもらって抽選権を配るって最悪の方法」と、都のやり方に苦言を呈した。また、不要不急の外出自粛が呼びかけられている中で、渋谷に若者を集めるのは「ちくはぐ」だとし、「都知事の思いつきに東京都の職員が翻弄されているのかなって思いますね」と私見を述べた。

渋谷の東京都若者ワクチン接種センターは、31日もこれまで通り現地抽選制となる。ただ、都のワクチン大規模接種会場公式ツイッターは30日、「オンライン抽選の早期導入を検討しています」と伝えている。

関連記事(外部サイト)