批判殺到の密フェスで「ゴミ大量散乱」 SNSで物議...「現在も清掃している」「残念」主催者は反省

密状態が物議を醸した野外フェスで終了後にステージ前などにゴミが散乱 SNSで物議

記事まとめ

  • 「NAMIMONOGATARI」で終了後にステージ前などにゴミが散乱、写真が投稿され拡散
  • ヒップホップの愛好者ら約8000人が参加、放置されたゴミの数にツイッター上で驚きも
  • 主催者のオフィスキーフは、ゴミについて「ゴミは、今現在も清掃している状況」とも

批判殺到の密フェスで「ゴミ大量散乱」 SNSで物議...「現在も清掃している」「残念」主催者は反省

密状態の開催が物議を醸した野外フェスティバル「NAMIMONOGATARI」で、終了後にステージ前などにゴミが散乱していたとして、ツイッターに写真が投稿されて拡散されている。

お酒などの空き缶やペットボトルが、参加者らに踏まれたためか、潰れた状態で地面に散らばっている。この暑さで使い捨てたうちわの数も多く、ビニール袋に入れられたゴミも見られた。

■「主催者側のスタッフがゴミ拾いし、かなり時間がかかっていた」

愛知県常滑市内の「Aichi Sky Expo」で2021年8月29日の日曜日に行われた野外フェスでは、ヒップホップの愛好者ら約8000人もが参加し、その後に放置されたゴミの数にツイッター上で驚きの声が上がっている。

同日夜にアップされた写真は、終了直後らしく、会場を出ようとする参加者らの足の踏み場もないほどだった。一部報道によると、終了後には会場周辺で飲酒して騒ぐ参加者もおり、駐車場には酒の空き缶やマスクが散乱していたという。

ゴミを放置する一部参加者らのマナー違反は、酷かったのだろうか。

Aichi Sky Expoの運営会社である愛知国際会議展示場は31日、J-CASTニュースの取材に対し、担当者が状況をこう明かした。

「終了時点で施設内の一部の状況を確認しましたが、ステージ付近は、客がいなくなった後、かなりゴミが散乱していました。会場を貸している側として、ゴミの放置はまずいので、主催者に回収をお願いしました。ゴミの処分は、主催者で取りまとめ、少数でしたが、スタッフの方がその日のうちに手袋をしてゴミ拾いをしたのを確認しています。トングとビニール袋を使っていましたが。かなり量が多くて時間がかかっていました」

ただ、会場の中には、ゴミ捨て場は数か所あり、あふれそうになると回収してゴミ袋を入れ替えてはいたそうだ。駐車場には、客が多かったのでゴミは散らばっていたというが、終演後にはスムーズに退館してもらったともいう。

NAMIMONOGATARIは、2005年から開催しており、16〜19年は、常滑市の所有施設「りんくうビーチ」が会場だった。同市の伊藤辰矢市長は30日、「トラブルの絶えないイベント」だったとツイッターで指摘していたが、このときもゴミ放置のマナー違反は酷かったのだろうか。

当時を知る関係者は31日、その状況について、取材にこう明かした。

■主催者「今現在も清掃しており、明日、明後日もやる予定」

「イベントでは、ゴミ捨て場も複数設置されていましたが、終了後は、かなりゴミの散乱が酷かったですね。主催者は、翌日も含めてゴミの撤収作業をしていました。ゴミ拾いをした後は、さすがにきれいになっていました」

伊藤市長が言うようなトラブルについては、こう話した。

「お酒に酔った客同士の大ゲンカがあり、警察も出動するほどの騒ぎになりました。また、近隣の商業施設にある駐車場で、かなりの数の違法駐車があり、商業施設からは苦情も来ました。それ以外のトラブルは、最近2年ほどの開催では聞いていませんね」

同様なトラブルが今回もあったかについて、愛知国際会議展示場の担当者は、こう話した。

「小さなトラブルは、いくつかあったと聞いていますが、大きな事件にはなっておらず、警察も来ていません。駐車場については、3500台収容とキャパに余裕があり、満車にはなりませんでした。参加者による近隣の商業施設などでの違法駐車については、聞いていません」

主催者のオフィスキーフ(名古屋市)は、ゴミの散乱について、担当者が8月31日夕に取材にこう答えた。

「ゴミは、今現在も清掃している状況で、清掃業者と連携を取りながら、明日、明後日も清掃する予定にしています。ゴミの持ち帰りは呼びかけていませんが、飲食するところにゴミステーションを1か所設置し、他にゴミ箱を数か所備えました。ただ、もっとゴミ箱などを増やしたり、そこへの動線をもっと作ったりしなかったのは、残念な点ですね」

会場内外でのトラブルについては、「参加者同士のトラブルは、把握していませんが、大きなケンカがあったり、ケガをして救急車を呼んだりすることはありませんでした」と話している。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

関連記事(外部サイト)