うろおぼえが図書館の助けに? SNSで話題「覚え違いタイトル集」が書籍化→収益はそのまま本に

福井県立図書館の「覚え違いタイトル集」が書籍化される。「トコトコ公太郎」(とっとこハム太郎)、「そば屋再襲撃」(パン屋再襲撃)など、利用者が覚え違いで図書館に伝えたタイトルなどをまとめたものだ。

このリストは、もともと同館の公式サイト上で公開されていたもので、SNS上を中心に人気を博していた。書籍化が報じられると、さっそく「超欲しい」「絶対買うわ」という声が広がっている。

2021年9月10日、J-CASTニュースの取材に応じた福井県立図書館の「覚え違いタイトル集」担当者によると、同書の売り上げは意外な形で図書館に貢献するそうだ。

■書籍化を行った背景

「覚え違いタイトル集」は、借りたい本のタイトルが良く分からない、覚え違いだったなど、実際にあった相談事例をもとに作られたリスト。2007年に公式サイト上で掲載されて以来、人気のコーナーとなっている。

このリストが「100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集」という書名で2021年10月20日、講談社から出版されることになった。佐野洋子さんの絵本「100万回生きたねこ」の間違いを採用している。

書籍化の話が上がったのは21年2月のこと。福井県立図書館の元に、講談社の職員から手紙が寄せられた。

「これまでにも他の出版社の方から書籍化の依頼をいただくことはありましたが、お手紙でいただいたのは初めてです。『覚え違いタイトル集』やそれを支える調べる力を評価してくださるものでした」

こう話すのは、現在「覚え違いタイトル集」コーナーを担当する井藤久美さん。本の相談(レファレンス)の統計やとりまとめなどを行っており、その一環で「覚え違いタイトル集」の編集も行っている。コーナーの担当者としては4代目だ。

講談社の熱いアプローチに加え、ちょうど今年度に入って異動で離れていた「覚え違いタイトル集」の初代担当者が戻ってきたこともあり、書籍化を受けることにした。

今回の書籍化で発生した利益は、「本」となって図書館に収蔵される。

「講談社さんからは報酬相当の書籍をいただくことになりました。昨今はどこの図書館も予算が厳しいので、講談社さんのような大手出版社が出版した本であっても、全て買えるわけではありません。これまで買い漏れていた本を中心にいただくことになり、欲しい本をリストアップしているところです」

■気になる本の中身は?

「覚え違いタイトル」を書籍化するにあたって、井藤さんは「書籍で楽しんでもらうのはすごくハードルが高いのではないか」と感じていたという。元のリストがインターネット上で無料で見ることができるものであり、古いものは公開から15年近くたっているためだ。しかし完成してみると「本当に良い本が出来上がった」と感嘆した。

苦労した点は、利用者から相談を受けた当時の記憶を掘り起こすことだったという。当時の資料をもとに他の司書らと会話をしながらなんとか思い出していったそうだ。

こうして出来上がった単行本「100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集」には、厳選された覚え違いタイトル92件や図書館司書の仕事の紹介などが収録される。見どころの1つは、レファレンスのコツ。井藤さんは「探せなかった本が探せるようになるかもしれないかもしれません」と話す。

ちなみに井藤さんによれば、実際は「内容は覚えてない昔読んだ本」を探したいといった相談も寄せられるという。

「タイトルや著者で本がヒットしない場合は、何で知ったかなど、いろんな情報を引き出して検索を行います。ドラマ化されていたのか映画化されていたかなど、どう話題になっていたのか。このほか何か印象深いシーンがあったかなど、とにかく情報を集める作業です。蔵書のデータベースだけでヒットしないときは検索エンジンも活用しています」

もし図書館で、探していた本が検索で見つからなかった場合にも気楽に相談してみてほしいという。

「『覚え違いタイトル集』でレファレンスサービスを知ってくださった人も多いと思います。このサービスは福井県立図書館だけでなくどこの図書館でも利用できるサービスですので、興味を持ってくださった方は是非お近くの図書館のレファレンスセンターを活用してみてください」(井藤さん)

(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)

関連記事(外部サイト)