批判浴びた「渋谷の大行列」から2週間 「若者向けワクチン接種」の現状は?東京都が明かす変化

東京都の若者向けワクチン接種をめぐる状況に変化が起きている。

今から2週間ほど前、事前予約なしでワクチン接種が可能な「東京都若者ワクチン接種センター」(東京都渋谷区)に整理券を求めて若者が殺到。都の対応はメディアの批判を浴びた。

その裏で都が進めていたのが、大規模接種会場での若者向け接種枠の開放だ。今では予約の取りやすい会場もあり、ツイッター上では「めっちゃ空いてる」と話題になっている。

■都内4会場を「若者向け」に開放

「えーー!!めっちゃ空いてるじゃん!!」
「うちの市めちゃくちゃ埋まってんのに」

2021年9月14日、若者を対象とする都のワクチン接種大規模会場の「予約状況」を伝えた画像がツイッターで話題を呼んだ。予約サイトのカレンダーを映した画像には、日別で予約枠が50以上空いていることを示す「〇」の文字が並んでいた。

8月27日、東京・渋谷に「東京都若者ワクチン接種センター」が開設された。都内在住、または在勤、在学の16〜39歳が、事前予約なしで先着順にファイザー製ワクチンの接種ができる、という施設だった。

しかし、開設初日となった27日は前日夜から整理券を求めて人が殺到。朝7時半には定員の上限に達し、ワクチンを接種できない人が多く発生した。28日からは現地での抽選制に切り替わったものの、今度は抽選券を求めて長い行列が発生。行列の様子はメディアで連日取り上げられ、都は批判を浴びることになった。

その裏で都が進めていたのが、既存の大規模接種会場を若者向け(対象は接種センターと同じ)に開放する施策だった。8月30日から乃木坂(一日の接種回数600)、都庁北(同2250)、都庁南(同1700)の3会場の一部を、若者向けに開放。立川市にある立川北(同600)も9月6日から開放した。いずれも予約制で、ワクチンはモデルナ製だ。

■予約が取りやすい会場は...

こうした大規模接種会場での予約について、東京都福祉保健局の担当者は9月14日、J-CASTニュースの取材に対し「(開始直後は予約が)取りづらい状況」だったと話す。その後、段階的に予約枠を開放したことで、今では予約を取りやすい会場も出てきているという。中でも取りやすいのは、規模の大きい都庁(北、南)と、多摩地区にある立川北。予約ページを確認すると、14日19時30分時点で、いずれも2日先の16日の予約が可能な状況だ。

また、「大行列」が指摘された渋谷の若者ワクチン接種センターは、9月3日からオンライン抽選制になっている。希望者は、接種を受けたい日の前日に、都のLINEアカウントを通じて抽選に応募。その日の内に当否がわかるという仕組みだ。当選倍率は、9月4日時点では21.7倍(応募数8128、当選数375)だったが、9月14日には14.3倍(応募数5995、当選数420)まで下がっている。ただ、あくまで抽選制であるため、大規模接種会場のように、希望する日に確実に接種できるかはわからない。

大規模接種会場での予約枠について、担当者は「(枠自体に)そこまで余裕があるわけではないが、今までみたいに一瞬で(枠が)蒸発することはない」と語る。また、「9月下旬に向けて接種が進んだとき、どのくらいのニーズが出てくるかはわからない」とし、「この機会に、接種(の実施)について、ぜひご自身でお考えいただきたい」と話した。

関連記事(外部サイト)