星のや東京「提灯会食」がSNSで話題、広報「想定以上の反響」 構想に1年...満を持して提供

星野リゾートが運営する日本旅館「星のや東京」(東京・大手町)が2021年10月13日、コロナ禍に対応した会食の場として「提灯(ちょうちん)会食」の提供を始めた。

感染防止を目的とする飲食店の「パーテーション設置」や「マスク会食」など新しい生活様式が広がるなか、星のやは独自に開発した「提灯型パーテーション」を導入した会食形式を提案。ネット上では「近未来すぎる」などと注目を集めている。

■提灯制作は江戸創業の老舗

星のや東京は1泊1室10万を超えるラグジュアリーホテル。新たに始まった「東京・提灯会食」は宿泊者と日帰り客を対象に1日1組限定で、フレンチの調理技法を用いたコース料理「Nipponキュイジーヌ 〜発酵〜」を提供する。

価格は1人2万1780円(税・サービス料込)。会場代として1組3万円(同)もかかる。公式サイトで5日前までに予約が必要だ。

会場は十分な換気をしたうえ、それぞれの座席に頭上から吊り下げられた「提灯型パーテーション」が設置されている。直径75センチの提灯は江戸時代から続く老舗企業が制作した。顔周りの前方は薄膜のビニール製、後方は通気できるよう骨組みだけの仕上がりとなっている。

この取り組みはツイッターで注目を集め、「これはなんか楽しそう」「近未来すぎる」などと評価する声が出ている。

■「ビニール部分は取り外し可能」

星のや東京の広報は14日、J-CASTニュースの取材に、ネットの反応について「私達の予想を超えて、多くの反響があることは驚きとともに、素直に嬉しく思います」と話した。

今回の取り組みは、感染状況を確認しながら1年前から慎重に検討を進めてきたといい、

「飲食店や飲食スペースでのパーテーション設置が世の中のスタンダードになる中で、同様にパーテーションを設置するとしても、食事の場をより楽しいものにする体験提案ができないか考え、『提灯会食』という形に至りました」

と話す。1時間あたり約5.5回の換気をし、提灯は防水加工が施されており都度アルコールの拭き上げで消毒するという。ビニール部分は取り外しできるという。

発表から間もないため利用者はまだいない。準備期間にはスタッフとのロールプレイを通した検証を重ね、

「視界、お客様の身長、着席/離席、スタッフの食事サーブなどを想定した修正を加えており、見た目より快適に過ごしていただけると思います」

と自信をのぞかせた。利用者の身長によって提灯の一部が視界を遮るような場合は、椅子の高さを調整することで対応していく。

関連記事(外部サイト)