山手線運休で気を付けたい「意外な落とし穴」 各線で振替輸送も...ICカードは利用NG

JR山手線の一部が24日終電まで運休 振替輸送にICカード乗車券は利用できず

記事まとめ

  • JR山手線が24日の終電まで、池袋→渋谷→大崎の内回り列車が全て運休している
  • 山手貨物線を利用する形で、品川〜新宿間で臨時列車が運行されるなどの救済策
  • 振替輸送にはきっぷ・定期券・回数券が必要で、ICカード乗車券では利用できない

山手線運休で気を付けたい「意外な落とし穴」 各線で振替輸送も...ICカードは利用NG

この週末に都心へ遊びに行く人は要注意だ。JR山手線が2021年10月23日の始発から翌24日の終電まで、池袋→渋谷→大崎の内回り列車が全て運休するからだ。

外回りや運休区間以外の内回り(大崎→東京→池袋)列車は運行されるものの、本数は大幅に減少する。

■振替輸送は「ICカードNG」

池袋→大崎間の山手線内回り運休に対する救済策として、埼京線・りんかい線では新木場〜大崎〜赤羽間で増発、相鉄線直通列車は新宿〜池袋間で延長運転が行われる。また山手貨物線を利用する形で品川〜新宿間で臨時列車を運行する。

臨時列車の停車駅は品川、恵比寿、渋谷、新宿だ。京浜東北線は快速運転が中止となり、田端〜品川間の京浜東北線の列車はすべて各駅に止まる。

私鉄では以下の路線で振替輸送を実施。ただし振替輸送を利用するには運休区間のきっぷ・定期券・回数券が必要だ。ICカード乗車券では振替輸送は利用できない点は注意しておきたい(IC定期券は利用可能)。

東京メトロ(全線)、
都営地下鉄(全線)、
東京臨海高速鉄道 りんかい線(全線)、
西武
池袋線(池袋〜所沢)、新宿線(西武新宿〜所沢)、西武有楽町線(全線)、
東急
東横線(渋谷〜武蔵小杉)、池上線(全線)、大井町線(大井町〜自由が丘)、目黒線(目黒〜武蔵小杉)、東急多摩川線(全線)
京急
本線(泉岳寺〜品川)


■お出かけの際には十分にご注意を

今回の運休は、渋谷駅での駅改良工事に伴うものだ。具体的には山手線内回りホームを拡張するために線路切替工事を実施する。

23日と24日は新型コロナウイルス感染症が一時的に収まり、渋谷駅周辺などではイベントも開催される。久しぶりに池袋、新宿、渋谷へ訪れる人も多いと思うが、十分に時間に余裕を持つことをおすすめする。

他路線も運休の影響を受け、通常よりも混雑することが予想される。JR線以外を利用する方も念のため1本早い電車を利用するといった工夫が必要だろう。

(フリーライター 新田浩之)

関連記事(外部サイト)