YouTubeで「人の命を救えたと思った」 手足3本失った僕が、一通のメールで感じた存在意義

20歳の時に事故で右腕と両足を切断し、現在YouTubeやSNSで障害などの情報を発信している山田千紘さん(30)は、数多くのダイレクトメッセージ(DM)を日々受け取っている。その中には、「人の命を救えたと思った」くらい心に残ったものもあるという。忘れられないメッセージと、それを読んだ時の心境について、山田さんが語る。

【連載】山田千紘の「プラスを数える」〜手足3本失った僕が気づいたこと〜 (この連載では、身体障害の当事者である山田千紘さんが社会や日常の中で気づいたことなどを、自身の視点から述べています。)

■「自分を追い詰めてどうしようもなくなってました」

YouTubeやSNSを続けていると、DMをたくさん頂きます。1日で何十件、多いと100件以上。長文で深い思いが込められているものは別フォルダに入れ、じっくり読んで返信しています。

心の奥に抱えるものを人に話すのは勇気がいることです。時間もかかります。その「球」を投げる相手として僕を選んでくれたから、しっかりキャッチするべきだし、しっかり返したいと思っています。

どのDMも大事に読ませてもらっていますが、中でも心に残っているものがあります。けんいちさんという30代半ばくらいの男性がくれたDMの一部を紹介します。

「楽しい時間の後は中々眠れないw
でも直接ちー君を知ったきっかけを伝えれたのも凄く嬉しかった。個人的には今前向きに生きれてる大きなキッカケとなった大きな存在なんです。
それぐらい一年前自死も考えるくらい自分を追い詰めてどうしようもなくなってました。
たった一つの動画でと、周りからすると鼻で笑う人も居るかもしれませんが、そんな気持ちになった事がある人にしか分からないものってありますものね」

けんいちさんは、僕のYouTubeチャンネルのメンバーシップ会員です。悩みを聞いたり、他愛もない話をしたりと、肩の力を抜いて話せる居心地のいい空間を作りたくて、メンバーシップを始めました。

メンバーと一緒に9月、Zoomでオフ会を開きました。けんいちさんは僕のことを知ったきっかけを話してくれました。このDMは、その会の直後に送ってくれたものです。

■たまたま出てきたYouTube動画

けんいちさんは、仕事やプライベートで辛いことが重なり、悩んで去年の夏頃に休職していたと明かしてくれました。自分を追い込んでどん底にいた時、たまたまYouTubeを開いたら、僕の動画がおすすめに出てきたそうです。

「死にたいと思っている人へ」とサムネイルに書いた動画でした。僕が事故で手足を3本失い、毎日「死にたい」と思っていたどん底の事故直後から、生きていることの幸せに気付いて笑顔になるまでを語ったものです。「見てくれた人に、踏みとどまってほしい。死ぬのは早すぎる。自分がどれだけ恵まれているか気づいてほしい」。そんな気持ちで作った動画でした。

けんいちさんはこの動画に「救われた」と言ってくれました。「人生のどん底」という点で同じ境遇を味わった者同士、自分に置き換えて見てくれたのかもしれません。死にたいと思っていたけど、その先で前を向けるようになった姿を見たような。徐々に活気を取り戻し、仕事にも秋に復帰できたそうです。

僕自身も救われています。けんいちさんのDMは、僕に自分の存在意義を感じさせてくれました。手足が3本なくなって、「生きている意味があるのか」「誰かのためにできることなんてあるのか」と考えていた時期がありました。そんな僕が、誰かの人生に寄り添うことができる。手を差し伸べることができる。DMをもらって、そう実感できました。おおげさと思われるかもしれないけど、人の命を救えたと思ったんです。

僕は多くの人に支えられて生きてきました。だからこそ、誰かの力になりたい気持ちが強くあります。その中で、自分の動画が視聴者の生きる希望に繋がったのは光栄なことでした。頂いた感謝の言葉は、僕にとってまた次に進んでいくエネルギーになります。

関連記事(外部サイト)