店に弁当持ち込みラーメン残す 客の非常識行動に二郎系店主が激怒「あまりにひどい」

持ち込んだ弁当を食べラーメンを残した客に二郎系店主が激怒 客は謝罪も理由聞けず

記事まとめ

  • 京成本線・京成津田沼駅前の商店街に9月11日にオープンした「夢を語れ千葉」
  • 弁当を店内に持ち込んで食べ、注文した「汁なしラーメン」を残した客がいたという
  • 激怒する店主にツイッターでは「非常識過ぎる」と店に同情する声が相次いだ

店に弁当持ち込みラーメン残す 客の非常識行動に二郎系店主が激怒「あまりにひどい」

持ち込んだ弁当を食べ、注文したのを残したとして、千葉県習志野市内のラーメン店がツイッターで「あまりにひどい」と怒っている。

店内で弁当を食べるという前代未聞のことをしたのは、どんな客なのだろうか。店主に詳しい話を聞いた。

■厨房からニンニクの有無を聞くと、食べ物を口に含みながら答える

この店は、京成本線・京成津田沼駅前の商店街にあり、「夢を語れ千葉」の店名で2021年9月11日にオープンしたばかりだ。ラーメン二郎系のボリューム感のあるメニューが売りで、順天堂大学3年の深川智行さんが店主として、学業と両立させている。

店の公式ツイッターが10月23日に深川さんの名前で投稿したところによると、この客は同日、弁当を店内に持ち込んで食べ、注文したラーメンを残した。これに対し、店主の深川さんは、「僕は毎日一生懸命ラーメン作っています。真剣に食べたけど無理だったら何も言いません。あまりにもひどすぎます」と嘆いた。

そのうえで、「今後、持ち込みは『調味料・レンゲ・ドリンク』のみとさせていただきます」と付け加えた。同店では、好みは人それぞれ違うため、自分好みにアレンジしてもらおうと、調味料は卓上には置かず持ち込み可としている。

投稿は2000件以上リツイートされ、店に同情する声が相次いでいる。客に対しては、「何故わざわざ弁当を?!」「非常識過ぎる」と疑問を呈する向きが多かった。

店主の深川さんが25日にJ-CASTニュースの取材に明かしたところでは、この客は1人で来て、「汁なしラーメン」を注文した。店内で弁当を食べているところは見なかったが、「ニンニク入れますか?」と厨房から聞いたとき、客が口にたくさん何かしらの食材を含み、食べ物を咀嚼しながら答えるのを確認した。深川さんがラーメンを持って行ったとき、この客が座るテーブルの上にビニールに入った弁当箱があったという。

■「残すのは失礼だ」と伝えると、「すみません」と言って去る

この客は、もう弁当を食べた後で後は捨てるだけだったとみられ、夢を語れ千葉店主の深川さんは、「食べたゴミを当店のゴミ箱に捨て店を出たため注意しました」と明かした。買い物の帰りの場合もあるかもしれないため、弁当の持ち込み自体については何も言わないとしているが、今回は、店内で食べて捨てたとみられるため注意した。

ラーメンを食べ残したことに対しては、深川さんが「お弁当を持ち込み店内で食べてラーメンを残すのは失礼だと思いますよ」と伝えると、この客は、「すみません」と言っただけで店を後にした。

店を出るときに注意したため、客がなぜラーメンを頼んだのに店内で弁当を食べていたのか、本人に理由を聞く時間がなかったという。

ただ、こうした客は例外だと、深川さんは説明した。

「来店されるお客さんはとてもマナーのいい人が多いです。いただきます、ありがとうございました、ごちそうさまをスタッフに言ってくださる方が9割方です。僕たちも全力でいらっしゃいませ、ありがとうございましたとお客さんに伝えています」

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

関連記事(外部サイト)