Uber Eats配達員の手紙がポストに...「気になったのでお声がけします」 女性が「恐怖体験」告白

Uber Eats配達員からの手紙がポストに 女性が恐怖体験告白しツイッターで反響

記事まとめ

  • 都内在住の若年女性が「今日体験した怖い話」として手紙の画像をツイート
  • Uber Eatsの配達員から届いたもので「気になったのでお声がけします」と書かれていた
  • 食事の誘いや連絡先が記してあり、「家知られてるのも恐怖しかない」と反響

Uber Eats配達員の手紙がポストに...「気になったのでお声がけします」 女性が「恐怖体験」告白

「UBER配達員やってる人からのお手紙です」――。

あるツイッターユーザーがデリバリーサービス・Uber Eatsの利用に伴って自らの身に起きた「怖い」体験を明かし、「もう気軽に頼めなくなる」などと注目されている。

■「家知られてるのも恐怖」

Uber Eatsはサービスに登録した一般人が配達員を務め、店舗から注文者の元まで品物を届けるのが特徴とされる。

都内在住の若年女性が2021年10月21日、「今日体験した怖い話」としてツイートしたのは、そんなUber Eatsの配達員から届いた手紙。添付画像を見ると、直筆の手紙は「はじめまして、急にお手紙を書いてスイマセン!!」と書き出され、

「この前UBERの配達をして顔を合わせた程度だけど、気になったのでお声がけしますね!
UBERは仕事が休みの時とか深夜に趣味で走るから、いつも利用してるなら他の人が配達しているから覚えてもらえてないかも;」

などと女性への好意がつづられている。さらに配達員は、

「気軽に話しかけて消毒こまめにやってた配達員を覚えてくれてたら自分です」
「もしよかったら、一緒に食事に行ったりUBER通さずに配達もしますよw」

と誘い、自身の連絡先を記した(投稿では黒塗り)。「もし無理なら無視して下さい」ともいう。

女性の投稿は25日夜現在、2万7000回以上リツイートされるなど注目され、ツイッターでは、

「恋心も悪く無いけど実際にそれをされた側は怖いでしょうね...」
「めっちゃこわい。家知られてるのも恐怖しかない」
「こんなことされたらもうウーバー気軽に頼めなくなっちゃいますよね」

といった反応が寄せられている。

■手紙はポストに入っていた

22日にJ-CASTニュースの取材に応じた投稿者によると、手紙はポストに入っていたという。

このような出来事は初めてだとして「気持ち悪い」と感じたといい、今回の対応については運営へ通報したとする。

Uber JapanのPR事務局は25日、今回の件について「個別の事案に関してはお答えしておりません。ご理解賜れますと幸いです」と取材に回答した。

対応についてはUber Eatsのコミュニティガイドラインで、配達完了後にメッセージを送る、電話をする、訪問する等の、配達完了後の注文者との不必要な接触は禁止されているとして、

「違反行為が確認された場合は、アカウント停止措置を含め適切に対応してまいります」

とする。利用者に向けては下記のとおり伝えた。

「Uber Eatsでは、対面での商品の受け取りが不要な『置き配』機能をはじめ、皆様に安心・安全にサービスをご利用いただくための施策を行っています。

また、注文に関して何か気になる点などございましたら、アプリの『ヘルプ』画面からサポートまでご連絡いただくか、Uber Eatsをご利用でない一般の方からのお問い合わせも可能な『お客様相談室』までご連絡いただけますと幸いです」

関連記事(外部サイト)