目の前で次々に車衝突、迫る恐怖、最後は... 事故の一部始終捉えたドラレコ映像に衝撃「何回見ても怖い」

横転した大型トレーラーと衝突する瞬間を捉えたドライブレコーダーの映像が、SNS上で大きな注目を集めている。

新潟県のタクシー会社「三条タクシー」が2021年10月27日、公開した。

■「皆さまくれぐれも運転にはお気をつけ下さい」

各メディアによれば、新潟市南区の国道8号で27日、トレーラーと乗用車が衝突し、後続の車2台を巻き込んだ多重事故が起きた。

三条タクシーは同日、「今朝の国道8号線の大渋滞の原因となった事故です」とこの事故の様子を写した映像をツイッター上で公開した。

映像を見ると、レコーダーを搭載していた車は軽自動車2台の後ろを走行していた。すると先頭の軽自動車が反対車線に進入し、大型トレーラーと衝突。軽自動車はガード―レールまで飛ばされた。

トレーラーは直後にバランスを崩し、後続の軽自動車にぶつかる。そのまま横転し、レコーダー搭載車に突っ込んだ。映像にはトレーラーの荷台が倒れかかってくる様子も映されている。

三条タクシーのツイートによれば、レコーダー搭載車のドライバーは軽傷だった。映像は啓発のために載せたとして、「皆さまくれぐれも運転にはお気をつけ下さい」と安全運転を呼びかけた。

投稿は28日17時現在までに4万リツイート、6.4万「いいね」を超える大きな反響があった。リプライなどには「自転車乗ってたら...と思うと、何回見ても怖いです」「映像なのに後ずさりしちゃうね」「車は凶器だということを今一度認識しました...」と、危機意識を覚えたとする感想が多く寄せられている。

関連記事(外部サイト)