国民玉木代表、立憲に「政権担う矜持を持って」 共産との共闘批判、新代表に「現実路線」期待

国民民主党の玉木雄一郎代表は2021年11月5日の定例会見で、立憲民主党の枝野幸男代表の辞意表明を受けて年内にも行われる代表選について、「現実的な政策、現実的な枠組みをしっかりと回復できる代表になっていただきたいと期待している」と述べた。

同時に玉木氏は、立憲が共産党との関係を深めたことで、野党第1党の政権交代への「本気度」に疑念を持つ結果になったとの見方を示してもいる。国民民主党としては独自路線を鮮明にする中で、野党共闘の枠組みについて改めて見直しを求めた形だ。

■野党合同ヒアリングは「役所の皆さんを公の場でつるし上げるような印象」

国民は、衆院選で公示前の8議席を上回る11議席を確保。11月4日に開いた役員会では、立憲、共産、社民と一緒に行ってきた国会対策の枠組みから離脱し、引き続き「野党合同ヒアリング」に参加しないことも決めた。玉木氏は次のように話し、野党合同ヒアリングの意義を疑問視した。

「最近はどちらかと言うと、役所の皆さんを公の場でつるし上げるような印象を持たれることもあったので、それよりもむしろ、聞くべき所はクローズドな場でしっかりと聞いて、引き出すものを引き出した方が、政策の実現や、政府のおかしな点を是正していくことに、より効果があるのではないか」

■国民に疑念与えた共産との選挙協力

その上で玉木氏は、立憲の代表選に関する質問に答える中で、立憲は共産と接近したことが原因で「国民から見て安心できるパッケージ」を示すことできず、衆院選の敗北につながったとの見方を示した。

「野党第1党なので、政権を担う矜持を持っていただきたい。政権を担うためには、経済政策に合わせて、外交・安全保障政策に関して、現実的な、国民から見て安心できるパッケージを示すことが大事。その中において、やはり『自衛隊が違憲だ』『日米安保破棄だ』という勢力と協力をするということが、国民の皆さんに対して、『本気で政権を担っているのかな』という疑念を与えたことは間違いないと思う」

さらに、玉木氏は

「単なる、『政権を担わない野党』ということであれば、そういった形のひとつの主張のあり方もあり得るのかも知れないが、野党第1党だから、緊張感のある政治を実現したいというのは私たちも同じ気持ちなので、ぜひそこは、現実的な政策、現実的な枠組みをしっかりと回復できる代表になっていただきたいと期待している」

などと話し、共産党との連携を深める前の状態に戻るように求めた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

関連記事(外部サイト)