「五稜郭」絶景に10万いいね→加工写真だった 投稿のゼンリンが謝罪「誤解を招いてしまった」

ゼンリンの10万"いいね"絶景写真に加工指摘する声 「誤解を招いてしまった」と謝罪

記事まとめ

  • ゼンリンが11日、社のツイッターで投稿した写真を巡り謝罪した
  • 五稜郭の写真を投稿して反響を呼んだが、色を強調する加工が施されているとの指摘も
  • これを受け、「誤解を招いてしまった」と謝罪し、賛否のリプライが寄せられた

「五稜郭」絶景に10万いいね→加工写真だった 投稿のゼンリンが謝罪「誤解を招いてしまった」

地図情報の調査・制作・販売を行うゼンリンが2021年11月11日、社のツイッターで投稿した写真が誤解を招くものだったとして、「心よりお詫び申しあげます」と謝罪した。

同社は10日のツイッターで、北海道函館市の五稜郭の写真を投稿。「秋の五稜郭がこんなにも美しいとは」と伝えていたが、実際は色合いを加工したものだったという。

■「誤解と過度な期待が生まれるからやめてほしい」

ゼンリンが投稿した五稜郭の写真は、紅葉によって木々が橙や赤に染まった、幻想的な雰囲気だ。この投稿には、絶景に感動したとのコメントが相次ぎ、10万件近くの「いいね!」がつくほどの注目を集めた。

ゼンリンは続くツイートで「こちらは4日前の五稜郭ですが、昨日の雨と風で、少し葉が落ちてしまったそうです」とも伝えていたが、投稿を見たユーザーの一部から、紅葉の色を強調する加工が写真に施されているのではないか、という指摘が寄せられた。

「極端に加工しすぎた写真は誤解を生むので控えられた方が良いと思います」
「紅葉の美しさを紹介する写真として載せるなら、過度な色加工はしない方が良いと思うなあ」
「赤強めすぎでしょ 左の丸い建物と手前の建物の屋根が本来なら赤茶色だけど加工で真っ赤になってる 地元民だけどこれは誤解と過度な期待が生まれるからやめてほしい」

実際、ツイッターアカウント「GO太くん【五稜郭タワー公式】」が同時期に投稿している写真では、木々は赤っぽく色づいているものの、ゼンリンが公開した写真のように真っ赤に燃え上がるような色にはなっていない。

■「誤解を招く投稿となりましたことを、心よりお詫び申しあげます」

こうした指摘を受け、ゼンリンは11日にツイッターを更新。撮影した写真を色調加工したものだと認め、

「昨日の投稿について多くのご指摘をいただいております。写真は当社社員により撮影したもので、色調等の加工をさせていただきました。その結果、誤解を招く投稿となりましたことを、心よりお詫び申しあげます。今後このような事のないよう心掛けてまいります」

と謝罪した。

ゼンリンの謝罪ツイートには、賛否を含めさまざまな意見が寄せられている。

「綺麗な景色ってのは『自然の美しさ』がやっぱ大切よね。違和感を抱いてしまうくらい『不自然』になると、それはすなわち『嘘』になってしまう」
「SNSの画像はある程度整えてあるものという前提なので、綺麗な写真のシェアをありがとうございました!って思いました」

(11日19時20分追記:記事の一部を修正しました。)

関連記事(外部サイト)