障害者YouTuber「1200万円詐欺被害」告白 恩返しのアプリ開発で...「精神的に追い詰められた」

「障害者YouTuber」として活動する「かしわせ」さんが2021年11月25日、詐欺被害にあい総額1200万円を失ったと明かした。

かしわせさんは介護人材のマッチングサービスの提供を目指していた。事故による半年以上の入院経験をきっかけに、「介護業界に何か恩返しが出来ないか」と思い至ったという。エンジニアにアプリの開発を委託したところ、費用を上乗せされたのちに持ち逃げされてしまったと、動画で打ち明けている。

■徐々に膨らむ開発費用

かしわせさんは19年12月に交通事故で脊髄を損傷。四肢麻痺などの後遺症を負い、車いす生活を送る。入院中にYouTubeが心の支えになったとして、自身も動画の投稿をはじめた。

詐欺被害は「【ガチ詐欺】1200万円詐欺で失いました【本当です】」というタイトルの動画で報告した。

かしわせさんは、アプリの開発をネット上で知り合ったという経歴のあるエンジニアに委託していた。当初の開発費用は300万円ほどだったが、徐々に膨らんでいったという。かしわせさんは企業や支援者から融資を受けながら支払いを重ねる。

900万円以上が投じられたのち、突如、エンジニアと連絡が途絶えはじめた。

「2週間後くらいに連絡が来た時に、『iPhone落としてました、すみません』みたいな返事が来て。あ、そうだったんだと思ってやってたんですけど。また連絡が取れなくなって、そこからもうほぼ音信不通になってしまって。これは詐欺だというのがやっとその時分かりました」

詐欺が発覚した後の苦しみを、かしわせさんはこう話す。

「(協力者らに)謝りに行くとき本当に苦しくて。そこから何日も眠れない日が続いて、目を閉じるとそのことが頭の中をぐるぐる回ったりして。テレビつけてても『詐欺』という言葉が出るたびに胸がギュッとなるぐらい、精神的に追い詰められる時期が続いてました」

■総額1200万円の被害

現在は同じエンジニアによる詐欺被害者とともに警察に相談するなど対応を進めているが、解決は難しいと推測する。

アプリ開発が頓挫したことでの損失は、総額1200万円ほどになるとも話す。出資者には順次、返済していく予定だとする。かしわせさんは、「被害と言ってもそのエンジニアにお願いしたのも僕ですし...」と自責の念を表しながらも、

「気持ちとしてはやりきれないというか、本当に悔しくて自分が情けないです」

「金額があまりにも大きすぎて...どうしていいかわからなくなっちゃうんですけど...なんとか前を向いてこれからもやっていきたいと思いますので、どうか...よろしくお願いします」

と絞り出すように伝えた。動画のコメント欄には、

「ほんとにひどすぎる。。」
「様々な方々の善意を踏みにじるやり口で、本当に許せない......」
「どうかご自分を責めないでください」

といった反応が寄せられている。

関連記事(外部サイト)