JR五日市線で起きたシカ衝突事故で乗客と復旧作業 JR東労組が「感電の危険」と批判

記事まとめ

  • JR五日市線で起きたシカとの衝突事故の対応をめぐり、JR東日本労組が批判している
  • 電車がシカと衝突した際、乗客に協力依頼、線路上で乗員とともにシカの搬出にあたった
  • 労組は、感電の危険があり、さらに衛生上にも問題があったとして対応を批判している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております