「度を超えている」人気ラーメン店で襲撃事件 ガラス大破、内装ボロボロ...店主が語った惨状

人気ラーメン店「我的中華そば 机上の空論。」で襲撃被害 店内はガラスだらけに

記事まとめ

  • 東京都北区東十条のラーメン店「我的中華そば 机上の空論。」で、襲撃被害があった
  • 店のドアや窓のガラスがすべて破壊される惨状で、店主が12月22日朝にツイッターで報告
  • バイクの音がして、近所の人がヘルメット姿の人物を目撃、券売機やお金などは盗まれず

「度を超えている」人気ラーメン店で襲撃事件 ガラス大破、内装ボロボロ...店主が語った惨状

東京都北区東十条の人気ラーメン店「我的中華そば 机上の空論。」で、深夜に窓ガラスなどを破壊される被害があり、店主が「度を超えている」と憤っている。

報道によると、警視庁王子署が器物損壊と建造物侵入の疑いで捜査している。どんな状況なのか、店主に話を聞いた。

■「店内はガラスだらけに」

足の踏み場もないぐらい、店内や店の前にガラスの破片が散乱している。店のドアや窓のガラスがすべて破壊される惨状だった。

被害の写真は、店のツイッターが2021年12月22日朝に投稿した。

ツイートによると、この日午前3時23分、王子署から連絡があり、店主が急いで店に行くと、目も当てられない状態だった。同署で被害届を作ったが、今後の営業は未定だという。被害について、店主は、「度を超えています」「悲しいですね」とツイートで怒りをぶつけた。

ツイートには、客らから次々に激励の声が寄せられており、店主は、1つ1つに感謝のリプライを返していた。

この被害は、テレビ朝日のウェブ版ニュースも報じており、それによると、午前2時15分ごろに「ガラスが割れた音がした」と110番通報があり、警察官が駆け付けると、道路に面した入り口や窓のガラスがすべて割られていたという。警察では、何者かがガラスを割って侵入したとみて調べている。

机上の空論の店主は22日、J-CASTニュースの取材に応じて、被害の状況をこう話した。

「店内はガラスだらけになっており、カウンターの上に置いたBGM用のiPodの液晶画面も割られていました。ゴルフで使うような細い棒で上から刺されており、カウンターには棒の先の跡も着いていました。この棒で窓ガラスなども破壊して、犯人が持ち帰ったのだと思います。厨房内に被害はなく、犯人は1分もしないうちにやったのでは」

他の被害写真も見せてもらうと、カウンターにも傷が残っていた。店主によれば、細い棒で刺した跡ではないかという。

■バイクの音がして、近所の人がヘルメット姿の人物を目撃

ただ、券売機は破壊されておらず、お金なども盗まれていないことから、窃盗目的ではないのではないか、という。

「アルバイトが辞めて、1人で営業しており、洗い物なども自分でしなくてはならず、手が離せない状況でした。1万円札などの両替もお断りし、貼り出した注意書きを守られないお客様には強い口調で言ったこともあります。そんな状況で、何か逆恨みを買うことでもあったのでしょうか」

店主は、こう反省の言葉も漏らしたが、客に注意しただけで店を破壊までするのかは疑問も残る。

110番通報は、近所の人がしたと聞いたという。別の近所の人は、「バリバリ」と割れる音とともに、バイクの音がして、恐る恐る窓越しに外を見ると、ヘルメット姿の人物を目撃したという。

店内に防犯カメラは設置されていなかったが、商店街にカメラが設置されており、警察がその映像を解析するものとみられる。被害額は分からないといい、営業再開のめどが立っていない状況だとしている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

関連記事(外部サイト)