アレジ氏逮捕報道は「事実と異なる」 関係事務所が声明、長男の関与も否定

ジャン・アレジ氏逮捕報道を長男が否定 「迷惑かけたことは猛省している」

記事まとめ

  • 後藤久美子の夫で元F1ドライバーのジャン・アレジ氏が逮捕されたと報じられた
  • 長男のジュリアーノ氏の所属事務所は「逮捕の事実はありません」などと否定した
  • 「窓ガラスを破損させ迷惑をかけたことについて本人は猛省している」などと説明した

アレジ氏逮捕報道は「事実と異なる」 関係事務所が声明、長男の関与も否定

俳優・後藤久美子さんの夫で、元F1ドライバーのジャン・アレジ氏が逮捕されたとの一部報道について、長男でレーシングドライバーのジュリアーノ氏の所属事務所が2021年12月22日、「逮捕の事実はありません」などと否定する声明を発表した。

ジャン氏をめぐっては、一部メディアが22日、知人の事務所の窓を爆竹で吹き飛ばしたとして、ジャン氏の住む仏アビニョンの警察に逮捕されていたと報じていた。このメディアは、ジュリア―ノ氏が共犯として起訴される見通しだ、とも伝えていた。

■本人は「猛省しております」

日本でも活躍するジュリアーノ氏が所属するプロ・フィット スポーティングは声明で、「まずはジュリアーノ・アレジは今回の件に関与していないことをお伝えさせていただきます」とし、報道には事実と異なる点があると訴えた。

事務所側が伝えた経緯は以下のとおり。

「12月19日の夜、ジャン・アレジが妹の知人事務所に爆竹を置き、窓ガラスが破損しました。本人は翌日この件について謝罪に行く予定でしたが、それよりも先に警察が車の所有者である兄ジョゼ・アレジの会社を訪れ、この件を知らずに対応した兄のジョゼは話し合いの為、警察にむかいます。時を同じくしてジャン・アレジは事実を話す為、警察へ出頭し、調書を取られた後に解放されました」

また声明では、「警察の調書では、『ジャン・アレジは後部座席に座っており、ジュリアーノと乗り合わせていた友人の若い2人と、妹の知人を驚かせるためにおこなった冗談だった』と結論付けられています」として、

「報道にある逮捕、裁判等の事実はありません」

と強調した。

声明ではさらに、「窓ガラスを破損させ迷惑をかけたことについて、ジャン・アレジ本人は猛省しており、本日アビニョンで関係者にお詫びの対応をしております」。現在、ジュリアーノ氏はジュネーブの自宅に戻っていて、クリスマスにはアビニョンにて家族全員と過ごし、新年早々には日本へ帰国する予定だとしていた。

関連記事(外部サイト)