12月23日が平日になって3年目...いまだ慣れない国民も 「平成の日」にならなかった理由

令和になってから、12月23日が『平成の日』にならず平日になった理由を解説

記事まとめ

  • 昭和天皇の誕生日は『昭和の日』として祝日になっているが、12月23日は平日となった
  • 令和への代替わりは平成の時と異なり、天皇の逝去にともなう代替わりではない
  • このため、上皇さまの誕生日を祝日にすると『二重の権威』と映る懸念があるのだという

12月23日が平日になって3年目...いまだ慣れない国民も 「平成の日」にならなかった理由

上皇さまが2021年12月23日、88歳の米寿の誕生日を迎えた。19年に平成から令和への天皇の代替わりがあり、12月23日が「天皇誕生日」として祝日だったのは18年が最後。現在の天皇誕生日は2月23日だ。

だが、12月23日午前時点で「上皇陛下」「上皇さま」以外にも「天皇誕生日」などがツイッターに「トレンド入り」した。代替わりから3年経っても12月23日が平日になったことを忘れる人や、祝日であって欲しいと願う人もいるようだ。ただ、明治天皇の誕生日(11月3日)は「文化の日」、昭和天皇の誕生日(4月29日)は「昭和の日」として祝日になっている。12月23日は、なぜ「平成の日」として祝日にならなかったのか。

■「上皇誕生日」だと「二重権威」の懸念

昭和天皇の誕生日だった4月29日は、昭和天皇逝去から約1か月後の1989年2月15日に参院本会議で「国民の祝日に関する法律」(祝日法)が可決・成立し、「みどりの日」になった。その5日前の2月10日に開かれた衆院内閣委員会で、的場順三・内閣内政審議室長(当時)が、改正案の提案理由を次のように説明している。

「昭和天皇が崩御されて今上陛下が即位された。従って、天皇誕生日は4月29日から12月23日に変わる。長年慣れ親しんできた、かつゴールデンウィークの最初の日である4月29日をどうするかということからいろいろ議論が起こり、これを平日に戻すということも一案だが、いろいろな方の意見を聞き、官房長官が私的に各界の有識者を集めて懇談会を開いて意見を聞いた」

私的懇談会構成員の25人全員が4月29日を引き続き祝日にすべきだとの見解だったといい、祝日の名称には

「ちょうど時期的にも緑のゴールデンウィークの始まりでもある緑の豊かな季節であるからみどりの日が適当ではないか」

として「みどりの日」を選んだとした。

平成→令和の代替わりと異なるのは、(1)天皇の逝去にともなう代替わりだった(2)天皇誕生日が大型連休の初日だった(3)代替わり後に4月29日をどうするか議論が起こった、という点だ。裏返せば、12月23日が現時点で祝日になっていないのは(1)いわゆる「生前退位」による代替わりだった(2)連休ではない独立した祝日で、4月29日に比べれば国民生活への影響が小さい(3)12月23日を祝日として残すべきだという議論が盛り上がったわけではなかった、といった事情がありそうだ。

退位を1年半後に控えた17年12月には、12月23日を平日に戻す方針が報じられている。その理由は

「上皇の誕生日を祝日にすると事実上の『上皇誕生日』になり、新天皇の誕生日と併存して国民の目に『二重の権威』と映る懸念があるためだ」(毎日新聞)

といったもので、上記(1)の要素が大きいようだ。

4月29日については、たびたび「昭和の日」への変更を求める法案が提出され、3回目の2005年に可決・成立。07年から名称が変更された。「みどりの日」は、「国民の休日」だった5月4日に移動した。

■11月3日が祝日になったのは明治天皇逝去の25年後

明治天皇の誕生日だった11月3日をめぐる経緯は、さらに複雑だ。明治天皇は1912年7月30日に逝去し、天皇誕生日(天長節)は大正天皇の誕生日である8月31日に移動。11月3日はいったん祝日ではなくなった。祝日法の前身にあたる当時の勅令「休日ニ関スル件」では、明治天皇が逝去した7月30日を「明治天皇祭」として祝日にしていた。だが、26年12月25日に大正天皇が逝去すると7月30日は祝日ではなくなり、国民から「明治天皇をしのぶ日がなくなる」といった声があがった。これを受ける形で、翌27年に11月3日が再び「明治節」として祝日になった。

47年の現行憲法、48年の祝日法施行で11月3日は「文化の日」になり、今に至る。46年11月3日の日本国憲法公布を記念した祝日だ。ただ、当時の国会審議では11月3日を「明治節」として残すべきだという議論もあり、今でも「明治の日」への改称を求める声がある。

大正天皇の誕生日は8月31日。猛暑の時期で各種式典が困難だという理由で10月31日も祝日に設定された。現在は両日ともに平日に戻っている。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

関連記事(外部サイト)