セブン店員「賞味期限切れおでん」販売を内部告発、1か月過ぎた商品も 本社が認めて謝罪

セブン-イレブンの北海道の店舗で賞味期限切れのおでんを販売 本社が認めて謝罪

記事まとめ

  • セブン-イレブンの北海道の店舗で賞味期限切れのおでんを販売していたと告発された
  • 12月23日に撮ったという動画も公開され、賞味期限『21.11.27』の商品が映っている
  • 店舗のオーナーが事実関係を認め、セブン-イレブンは公式サイトに謝罪文を出した

セブン店員「賞味期限切れおでん」販売を内部告発、1か月過ぎた商品も 本社が認めて謝罪

大手コンビニチェーン「セブン‐イレブン」の北海道内の店舗で、賞味期限切れのおでんを販売していたと、店の関係者がユーチューバーに情報を寄せた。

賞味期限切れから1か月経ったものも売っていたといい、この関係者は、証拠の動画も撮っていた。セブン‐イレブン側は、事実関係を認めて謝罪し、「厳正に対応する」としている。

■ユーチューバーのコレコレさんが店員の告発として動画を配信

おでん用の「白滝」と商品名が書かれたパッケージには、賞味期限が「21.11.27」と印字されている。コンニャクの商品も同じ賞味期限で、従業員らしき女性がコンニャクのパッケージを開けて、台所で水洗いを始めた。

この動画は、ユーチューバーのコレコレさんが2022年1月5日夜、セブン‐イレブンの店員から告発が来たとして、ライブ配信で流した。動画は、21年12月23日に撮ったといい、本当なら1か月も前の白滝を扱っていたことになる。

動画では、賞味期限が12月21日のがんもどき商品も映っていた。撮影日時点で、期限が切れて2日経った計算だ。一方で、つくね商品は、賞味期限が同月23日でギリギリだった。これらの商品は、タッパーに入れられたほか、カウンターに置かれた販売用容器にも移す様子が映っていた。

告発した店員は、店長の指示でこうした商品を店で売っていたと説明したという。証拠を取って告発しようと、おでんの出し方を教えてもらうとの名目で動画を撮ったと明かしたとしている。

セブン‐イレブンを運営するセブン&アイ・ホールディングスの広報センターは1月6日、J-CASTニュースの取材に対し、動画にあったのは札幌市内にあるフランチャイズ加盟店「セブン‐イレブン札幌北26条東21丁目店」で、一部賞味期限切れのおでんが動画撮影日に販売されたと答えた。

■「オーナーが『使ってもいいよ』と従業員に指示していた」

「お客様から午前中に動画について申し出を受け、社内で確認して店が分かりました。店のオーナーに確認したところ、事実関係を認めました。動画の撮影日に一部賞味期限切れのおでんをカウンターで販売したということです。このオーナーは、賞味期限切れのおでんについて、『使ってもいいよ』と従業員に指示していました」

賞味期限切れのコンニャクや白滝などが実際に売れたかについては、売れ残って廃棄するケースもあるため、分からなかったという。客からの健康被害の申し出については、1月6日夕時点では把握していないとしている。

店がいつから賞味期限切れ商品を売っていたかや、なぜこんなことをしていたかの動機面などについては、調査して確認しているところだとした。店員が告発したとされたが、会社への通報はなかったという。同様なケースは、他の店舗で過去に聞いたことはないとしている。

札幌市保健所には、6日中に報告したことも明らかにした。店は同日、営業を続けたが、おでんの販売は中止したといい、セブン&アイでは、店に対しては、「厳正に対応しないといけないと考えています」と話した。

セブン‐イレブンの公式サイトでは、6日夜になって、「賞味期限切れ商品の販売に関するお詫び」と題した謝罪文を出した。そこでは、販売したおでんの一部に、賞味期限切れの具材を使用していたとして、「該当商品における販売個数等の詳細については現在調査を進めております」などと説明した。そして、「全国のセブン‐イレブン加盟店に対して再発防止に向けた注意喚起と一層の品質管理体制の強化に努めてまいります」としている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

関連記事(外部サイト)