北朝鮮の弾道ミサイル、前回より性能向上か 韓国は「マッハ10」分析、発射タイミングも狙った?

北朝鮮が弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射 発射タイミングを狙ったとの推測も

記事まとめ

  • 北朝鮮が飛翔体を発射し、「極超音速ミサイルの試射を行った」と主張した
  • 最大速度はマッハ10前後と分析されており、5日に発射したミサイルより進展したという
  • 国連安全保障理事会の会議終了直後という発射タイミングも狙ったものと推測されている

北朝鮮の弾道ミサイル、前回より性能向上か 韓国は「マッハ10」分析、発射タイミングも狙った?

北朝鮮が2022年1月11日朝、弾道ミサイルとみられる飛翔体を日本海に向けて発射した。北朝鮮によるミサイル発射は、22年に入ってから2回目。

前回1月5日発射のミサイルについて、北朝鮮側は「極超音速ミサイルの試射を行った」と主張。韓国側の分析では、今回のミサイルは前回よりも大幅に速度が増しており、発射回数を重ねることで着々と性能向上を進めているとみられる。1月12日朝には、国営メディアがミサイルの性能について誇示する可能性が高い。

■1月5日のミサイルは「マッハ5以上」を推定

北朝鮮は21年9月28日に発射した「火星8」型について「極超音速ミサイル」の発射成功を主張していたが、韓国側は懐疑的な見方をしていた。聯合ニュースによると、速度が音速の5倍を指すマッハ5以上の場合に極超音速ミサイルと評価する。ただ、米韓の情報当局が検知した火星8の速度はマッハ3程度だったとして、「開発初期段階」だと評価していた。

22年1月5日のミサイルについては、700キロ飛行して「標的に誤差なく命中」したと北朝鮮側は主張。韓国軍は速度を「マッハ5以上」だと推定し、米韓が定義する極超音速ミサイルの要件を満たしていた。このミサイルについて、日本側は「通常の弾道軌道だとすれば約500キロ」飛行し、「通常の弾道ミサイルよりも低い、最高高度約50キロ程度」だと推定していた。

■発射タイミングを安保理会合の終了と合わせた?

今回発射されたミサイルは、5日のものと比べて性能が向上した可能性が高い。聯合ニュースが韓国軍の合同参謀本部の話として伝えたところによると、「飛行距離は700キロ以上、最大高度は約60キロ、最大速度はマッハ10前後」。「北朝鮮が5日に発射した弾道ミサイルより進展したと評価している」という見解だ。ミサイルの詳細なスペックについては、米韓の情報当局で「精密分析中」だとしている。

ミサイル発射のタイミングも焦点だ。国連安全保障理事会は、5日のミサイルへの対応を検討する非公開の緊急会合を現地時間10日に開いている。開始時刻は日本時間で11日の早朝5時頃。ミサイル発射は、その2時間半後の7時27分頃で、会議終了から間もないタイミングだ。これが国際社会にミサイル開発をアピールする狙いがある、とみる向きもある。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

関連記事(外部サイト)