ANAスター・ウォーズ「BB-8」塗装機、最終運航日にまさかの不具合 第1便は別機変更、2時間遅れ

映画「スター・ウォーズ」シリーズのキャラクターを機体に描いた全日空(ANA)の特別塗装機3機が2022年3月31日、羽田空港に勢ぞろいした。

ANAは15年4月からスター・ウォーズのブランドをプロモーションに使用できる契約をウォルト・ディズニー・ジャパンと結び、「STAR WARSプロジェクト」を展開している。この日、特別塗装機のうち1機が最終運航日を迎えることを記念した取り組みだ。ただ、運航最終日を迎えた飛行機は3月31日朝になって不具合が発覚。国内線用の通常塗装の飛行機に振り替えられた。別の特別塗装機はエンジンの問題で運航できない状態になっており、紆余(うよ)曲折が続いている。

■乗客はバスから3機を眺めながら代替機に...

ANAは15年10月に「R2-D2」を描いた国際線向け「R2-D2 ANA JET」(ボーイング787-9型機、JA873A)、15年11月に新キャラクター「BB-8」「R2-D2」を描いた国内線向け「STAR WARS ANA JET」(ボーイング767-300型機、JA604A)、16年3月に「BB-8」を描いた国際線向け「BB-8 ANA JET」(ボーイング777-300ER型機、JA789A)を就航させている。それから1年後の17年3月に「C-3PO」を描いた国内線向けの「C-3PO ANA JET」(ボーイング777-200ER型機、JA743A)がお目見えした。この4機のうちJA604Aは19年に通常塗装に戻され、21年に退役。残る3機が初めて一堂に会した。

今回運航最終日を迎えたのは「BB-8 ANA JET」で、普段は北米や欧州路線に就航している。運航最終日は特別に国内線に就航し、羽田と沖縄(那覇)、札幌(新千歳)をそれぞれ1往復することにしていた。初便はNH1423便として9時10分に出発予定だったが、朝になって「ランディングギア・ドアシステム」と呼ばれる、車輪を収納する仕組みの表示系統に不具合があることが発覚。国内線向けのボーイング767-300ER型機に変更した上で、2時間遅れの11時9分に出発した。代替機は第2ターミナルから離れた場所にあるスポットから出発したため、乗客はバスで飛行機まで移動した。バスは、特別塗装機3機の前を通って出発スポットに向かった。

■運航止まっていたボーイング777-200ER型機は「改修して復帰」

「BB-8 ANA JET」を新千歳便として運航するかは3月31日11時30分時点では未定。仮に運航されれば新千歳発のNH1414便がラストフライトで、20時50分に羽田に戻る。その後は塗装を剥がした上で他社に売却予定だ。

残り2機は引き続き特別塗装機として運航される予定で、終了時期は未定。「C-3PO ANA JET」は、米プラット・アンド・ホイットニー(PW)社製のエンジンを搭載したユナイテッド航空機が発火事故を起こし、国交省がPW社製エンジンを積んだ777型機の運航停止を命じた影響で、21年2月から運航できない状態が続いていた。ANA広報部では「C-3PO塗装のまま、必要な改修を行って復帰予定です」と説明している。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

関連記事(外部サイト)