「拷問されたウクライナ人、その目で見て」 ゼレンスキー氏が名指しで批判した2人の元政治家

ウクライナのゼレンスキー大統領がメルケル元首相とサルコジ元大統領を名指しして批判

記事まとめ

  • ゼレンスキー大統領の非難はロシアだけでなくNATO加盟国にも向けられている
  • ゼレンスキー氏はメルケル元首相とサルコジ元大統領を名指しし皮肉交じりに訴えている
  • 「ロシアが我々の隣で普通に暮らすように説得できると考えていた」と指摘している

「拷問されたウクライナ人、その目で見て」 ゼレンスキー氏が名指しで批判した2人の元政治家

ロシア軍がウクライナ北部キーウ(キエフ)州ブチャから撤収し、そこに残されたのは民間人とみられる多数の遺体だった。

ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ演説でロシアを非難するのはもちろん、その矛先はロシアに宥和的な政策を取り続けた北大西洋条約機構(NATO)加盟国にも向けられた。2008年のNATO首脳会議でウクライナの新規加盟が見送られたことを挙げ、当時のドイツ・メルケル首相とフランス・サルコジ大統領を名指しして「ブチャを訪問していただき、ロシアに譲歩する政策が、この14年間で何をもたらしたかを見ていただきたい」と、皮肉交じりに訴えた。西側諸国の消極的な姿勢が今の事態を招いた、という主張だ。

■2008年にはウクライナが「東欧の『グレーゾーン』から抜け出すチャンス」あった

ゼレンスキー氏は、4月3日(現地時間)のビデオ演説で、ブチャで民間人を殺害したロシア軍について「人殺し、拷問者、強姦魔、略奪者」と非難。「彼らの行為は万死に値する」とも述べた。

一方で、NATO側の問題にもある程度の時間を割いた。ウクライナがNATOに加盟できていれば、今の事態は起きなかったのではないか、という議論だ。

「今日で、ブカレストでNATO首脳会議が行われて14年だ。当時、ウクライナが東欧の『グレーゾーン』から抜け出すチャンスがあった。NATOとロシアの間の『グレーゾーン』だ」

ゼレンスキー氏は、「グレーゾーン」では「最も恐ろしい戦争犯罪でさえも、ロシア政府は何をしても許されると考えている」とも説明した。

ゼレンスキー氏が言及した08年4月のNATO首脳会議では、クロアチアとアルバニアの新規加盟では合意したものの、ジョージア、マケドニア、ウクライナについては合意に至らなかった。ゼレンスキー氏は、当時加盟が認められなかった背景には「一部の政治家のロシアに対する不条理な恐怖心」があり、その「一部の政治家」は、

「ウクライナを拒否することでロシアをなだめ、(ロシアが)ウクライナを尊重し、我々の隣で普通に暮らすように説得できると考えていた」

と指摘した。当時のロシアに対する配慮が今の事態につながったとの思いを改めてにじませた。

「その誤算から14年の間に、ウクライナは革命を経験し、ドンバスでは8年にわたる戦争を経験した。そして今、私たちは第二次世界大戦以来、ヨーロッパで最も恐ろしい戦争の中で、生きるために戦っている」

■「西側諸国を非難しているのではない」が「『決断しないこと』語る権利」

その上で次のように述べ、当時の独仏のトップを非難した。

「メルケル元首相とサルコジ元大統領にブチャを訪問していただき、ロシアに譲歩する政策が、この14年間で何をもたらしたかを見ていただきたい。拷問を受けたウクライナの人々を、その目で見ていただきたい」

ゼレンスキー氏は「我々は西側諸国を非難しているのではない」とする一方で、「我々は『決断しないこと』について語る権利がある」とも。「決断しないこと」が、ロシアの侵攻で破壊された「ブチャ、ホストメリ、ハリコフ、マリウポリへの道」につながったとした。

4月5日のビデオ演説では、ブチャで起きた民間人殺害に対して西側諸国が激しく非難したことを受け、「ロシアの民間人虐殺に対する制裁措置は、いよいよ強力なものになるだろう」と制裁強化への期待感を示した。ただ、次のようにも述べ、判断の遅さを嘆いた。

「ロシアが最も厳しい圧力に値すると一部のヨーロッパの指導者が理解するために、本当に何百人ものわが国民が苦しみながら死ななければならなかったのか」

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

関連記事(外部サイト)