JR恵比寿駅から「ロシア語案内」撤去 「不快だ」客からの苦情など踏まえ判断【追記あり】

JR恵比寿駅に設置されているロシア語の案内表示撤去 客から「不快だ」との声も

記事まとめ

  • JR恵比寿駅に設置されているロシア語の案内表示が、撤去されていたことが分かった
  • JR東日本東京支社広報課は、複合的な事情を踏まえての決定だと明かした
  • ウクライナ情勢を踏まえて客から「不快だ」といった旨の問い合わせが複数あったそう

JR恵比寿駅から「ロシア語案内」撤去 「不快だ」客からの苦情など踏まえ判断【追記あり】

JR恵比寿駅に設置されているロシア語の案内表示が、2022年4月初旬に撤去されていたことが分かった。

JR東日本東京支社広報課は14日、J-CASTニュースの取材に、複合的な事情を踏まえての決定だと明かす。

■「調整中」に

JR恵比寿駅の西口改札内には、乗り入れている東京メトロ日比谷線の案内表示が掲示されている。

駅独自の取り組みとして日本語、英語、韓国語、ロシア語の4か国語で「中目黒」「六本木」と記していたが、広報課によれば4月7日の始発からロシア語の案内のみ無くした。J-CASTニュースが14日午前に確認すると、当該スペースには「調整中」と書かれた紙が貼られていた。

4か国語の表示は、東京五輪・パラリンピックを視野に、海外の乗客向けに設置した経緯があるという。役割を果たしたことに加え、(1)コロナ禍でインバウンド客が減少(2)六本木周辺にある駐日ロシア大使館に向かう客からの問い合わせ減少――といった事情から、案内の整理を検討していた。

その中で、昨今のウクライナ情勢を踏まえて客から「不快だ」といった旨の問い合わせが複数あり、取り下げとなった。

今後の表示については未定だとする。

(2022年4月14日21時追記)記事公開後、JR東日本東京支社広報課から連絡があり、15日から表示を再開すると明かした。14日の終電後に作業し、始発から再表示される。方針転換の理由を「お客様のニーズを踏まえると、会社としては元の状態に戻すのが妥当」だと判断したと説明した。

関連記事(外部サイト)