イモを愛する大学生、キャッサバ掘ってタピオカ作りに挑戦 最も苦労したのは?

イモが大好きな東京の高校生が茨城の大学に進学し、原料であるキャッサバを掘るところからタピオカを完成させた。こんな投稿がツイッターで大きな注目を集めている。

J-CASTニュースは2022年4月12日、この学生に取材した。

■背丈よりも大きなキャッサバからイモを入手

タピオカづくりに挑戦したのは、大学4年生のツイッターユーザー・てるてる(@teruterurururu_)さん。様々なイモを食べ比べる中で品種の違いに興味を持ち、地元・東京を離れ、茨城県の筑波大学に進学した。現在は、生物資源学類という学部で農学などを学んでいる。学外では、東京大学発のインカレサークル「IMOPROJECT (イモプロジェクト)」に所属し、イモ類の栽培や研究に励んでいる。

てるてるさんは取材に対し、タピオカづくりの経緯について次のように説明する。

サークルのメンバーのつてでキャッサバを手にする機会を得たことから、タピオカづくりを思い立った。21年11月、160〜170センチくらいの自身の背丈よりも大きなキャッサバの低木から、茎の根元に成っていたイモを収穫した。

収穫後、キャッサバのイモに水を加えてミキサーにかけた。こうしてできた液体を布でこしとり繊維をのぞき、しばらく放っておくと、デンプンが沈殿する。このデンプンを集めて乾燥させることでタピオカ粉が完成した。

てるてるさんによれば、最も苦労したのは粉をタピオカにする過程だという。市販のタピオカ粉と同じように、黒糖や水分を加えてみたものの、分量通りではうまくいかなかった。

「私の作ったタピオカ粉は、一般的に売られているものと何かが違うようです。ねばねばしたスライムみたいなものができてしまいました。それで粉の量を調節して何回か作り直したのが、一番大変でした」

作り方はインターネットなどで調べた。キャッサバの情報はまだ少ないため、サツマイモやジャガイモなど他のイモ類に関する情報も参考にした。

「ちゃんとできるか不安でしたが、実験みたいな感じで、うまくいかなくてもしょうがないと思いながら取り組んでいました」

■完成した手作りタピオカの味は

22年4月、ようやくタピオカが完成。ミルクティーとともに食べたという。どんな味だったのか、てるてるさんは次のように振り返る。

「一般的に売られているタピオカは、流通しやすいようにいったん乾燥させたものだと思います。水につけると元に戻せるような状態です。
今回作ったものは乾燥の過程がなく、生地からそのまま茹でました。そのためか、火の通りがよく、全体が均一にもちもちとした触感となっていてすごく美味しかったです」

寮の後輩に振舞うと「自分から進んでタピオカを飲むような子ではなかったのですが、これは美味しいと言って飲んでくれたので嬉しかったです」と好評だったそうだ。

てるてるさん自身もタピオカの熱狂的なファンではないという。「ブームの時にものすごく食べていたわけでもなく、子供のころからたまに食べるくらいです」と明かした。しかし「資料が少なく、まだ多くの人が取り組んでいないことに挑戦することに燃えるタイプ」だと称し、今回のタピオカ作りを楽しかったと振り返った。

また今回手に入れたキャッサバはタピオカ以外にも調理して食べたという。

「茹でたキャッサバはサツマイモの甘さを薄くしたような感じで、それはそれで美味しかったんですが、一番おいしかったのは揚げたものです。
揚げることによって、繊維の部分がぱりぱりとした触感になります。さらにイモの内部にはほのかの甘みやほくほく感があって美味しかったです」

■ツイッターでは「鉄腕DASHひとり村」「ひとりTOKIO」と大反響

てるてるさんは6日、ツイッターで自作のタピオカの写真を公開し、大きな注目を集めた。投稿は12日時点で9000件超のリツイート、5万8000件超の「いいね」が寄せられている。

リプライ欄には「ザ!鉄腕!DASH!!」を想起したという声が多く寄せられた。アイドルグループ「TOKIO」がモノづくりなどに励むテレビ番組で、てるてるさんもファンだという。

「『鉄腕DASHひとり村』とか『ひとりTOKIO』と言われまして、光栄に思います。私も同番組に影響を受けているところがあると思うので、そう見えているのであればとても嬉しく思います。
『今度はキャッサバを育てるところからを期待しています』という声もあって、そう言われると燃えちゃいますね」

てるてるさんは、「キャッサバ以外のイモでもタピオカを作れるそうなのでそちらも挑戦してみたい」とも意気込み、こう述べた。

「皆さんもぜひ多くのイモに触れてみてほしいと思います。私がイモの奥深さに触れ、キャッサバを手に入れるきっかけとなったのはサークルでした。社会人含めイモに興味のある人ならだれでも歓迎しているので、一緒にイモ関係の活動をしてみたい人はご連絡いただけますと幸いです」

関連記事(外部サイト)