大阪万博「いのちの輝き」新ビジュアル公開 ネットで続く反響、主催側の受け止めは?

2025年4月13日〜10月13日に開催予定の大阪・関西万博のパビリオン構想を発表する「2025年大阪・関西万博3年前イベント〜テーマ事業『いのちの輝きプロジェクト』発表会〜」が2022年4月18日に東京都内で行われ、パビリオンの概要や担当プロデューサーが発表された。

■ロゴは「いろいろなとらえ方やイメージがあると思いますが...」

大阪・関西万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。テーマを象徴するロゴマークが2020年に公開されるとその奇抜なデザインが話題になり、「いのちの輝きくん」の通称で呼ばれるようになった。22年3月22日にはこれをもとにした公式キャラクターデザインが決定すると、こちらもネット上で話題になった。

「大阪・関西万博3年前イベント」では新たなコンセプトムービーと「EXPO 2025 Design System」と銘打ったキービジュアルが公開され、公式ロゴマークの細胞核をイメージした、眼球のような部分が様々に形を変え、分裂・融合する映像とデザインになっている。あわせてSNS投稿用のビジュアルと「Join2025」のハッシュタグも公開された。

司会の陣内智則さんも「ワクワクする」と反応したこのムービーとビジュアルのコンセプトについて、取材に応じた日本国際博覧会協会企画局の担当者は「いのちの始まりから終わりまでや生命の躍動を表現し、生命の躍動が一瞬で終わるものではないことを伝えています。また『いのちの輝き』のロゴマークやこのデザインも私たちが一方的にルールを定めるものではなく、皆さんと共有して万博に向けて発信していくものです」と話している。

ネット上などで寄せられた、公式ロゴマークやキャラクターへの様々な反応についても、

「いろいろなとらえ方やイメージがあると思いますが、私達がデザインの意図を一方的に規定するものではありません。皆さんが感じたそれぞれの気持ちを大切にしていただきたいなと思っています」と答えた。

■「クラゲ館」「クラゲ大仏」命名の由来は?

万博のメインテーマ事業「いのちの輝きプロジェクト」は8人のプロデューサーが主導し、8つのパビリオンで表現される。各界で活躍するプロデューサーの顔ぶれとテーマ、パビリオン名は以下の通り。

福岡伸一さん(生物学者) テーマ「いのちを知る」 パビリオン名「いのち動的平衡 I am You」
河森正治さん(メカニックデザイナー・アニメーション監督) テーマ「いのちを育む」 パビリオン名「LIVE EARTH×SPACE LIFE」
河瀬直美さん(映画監督) テーマ「いのちを守る」 パビリオン名「いのちのあかし」
小山薫堂さん(脚本家) テーマ「いのちをつむぐ」 パビリオン名「EARTH MART」
石黒浩さん(ロボット工学者) テーマ「いのちを拡げる」 パビリオン名「いのちの未来」
中島さち子さん(数学者・ジャズピアニスト) テーマ「いのちを高める」 パビリオン名「いのちの遊び場 クラゲ館」
落合陽一さん(メディアアーティスト) テーマ「いのちを磨く」 パビリオン名「null2」
宮田裕章さん(慶応義塾大学教授・データサイエンティスト) テーマ「いのちを響き合わせる」 パビリオン名「Co-being」

人間の創造性にフォーカスし、音楽演奏やライブパフォーマンスが行われるパビリオンの名前は「クラゲ館」。外観はクラゲの傘に似て、館内には「クラゲ大仏」「クラゲ茶室」も作られる計画だという。プロデューサーの中島さんは「クラゲ」をモチーフにした理由について

「私達で創造性や命の話をしていた時に、『揺らぎのある遊び』がキーワードとして出てきました。用途や目的が決まっている遊びではなくて、ゆらゆら遊んでいる中で自発的に遊びの目的が生まれてきたり、変わっていったりする。そういう『揺らぎ』のある遊びが大事だということと、中の来場者の皆さんが外から見えるといいなとか、建物が生きているかのように見せることを考えているうちに『クラゲ』になりました」

と報道陣からの質問に答えた。また「クラゲ大仏」のきっかけは

「プロデューサーたちと大仏を見に行ったことがあるのですが、造ることだけが目的というよりも、(大仏に込められた)皆が元気になる、社会を思うような気持ちが大事なんだという思い」

とのエピソードがヒントになったと話した。

(J-CASTニュース編集部 大宮 高史)

関連記事(外部サイト)