電動キックボード走行中「ひき逃げされた」 右折車衝突の動画に賛否両論...被害者明かす当時の状況

電動キックボードをひき逃げされたと投稿 被害者側も注意すべきだったとの意見も

記事まとめ

  • 電動キックボードを運転中にひき逃げされたと、Twitterに動画が投稿された
  • 救助せず去った車が悪いとの声が上がる一方、被害者も注意すべきだったとの声も多い
  • 投稿者は事故を振り返り、「電動キックボードの認知を広めていくのが重要」と述べた

電動キックボード走行中「ひき逃げされた」 右折車衝突の動画に賛否両論...被害者明かす当時の状況

埼玉県川口市内で電動キックボードを運転中にひき逃げされたと、ツイッターに動画が投稿された。

加害車両が逃げたのは悪いとする声が出る一方、被害者側も注意すべきだったのではとの意見も相次いでいる。埼玉県警川口署は、事故については捜査している、とだけ取材に明らかにした。

■「左に避けようとおもっても回避できなかった」

被害者の男性がキックボードで走っていると、T字路交差点に対向車線から軽ワゴン車が近づいて来た。

軽ワゴン車は、右折のウインカーを出すと、キックボードが交差点内を直進しようとしたにもかかわらず、いきなり右折を始める。直前だったため、キックボードは避け切れず、軽ワゴン車の左側面に衝突し、道路に転倒した。軽ワゴン車の横をバイクが走っていて、危ない状況だった。

男性は、落ちたスマートフォンを拾い、立ち上がろうとするところで、24秒の動画が終わっている。キックボードの運転では、ヘルメットの上にカメラを付けており、それで撮影していた。

この動画は、ロビンとディープインパクト(@randdeep2022)さんが2022年4月22日にツイッターに投稿した。

ロビンさんは、この日午後0時25分ごろ、JR蕨駅近くの京浜東北線沿いの道路交差点で対向車にひき逃げされて軽傷を負ったとして、ツイッターで情報提供を求めた。

投稿動画は、25日夕までに40万回以上再生され、様々な意見が寄せられている。

救助せずに去った軽ワゴン車が悪いとの声が上がる一方、電動キックボードが見慣れないこともあって、被害者も事故を避けるよう努めたのかとの声も多い。

これに対し、ロビンさんは、電動キックボードの運転について、「前輪を強くすると吹っ飛ぶので後輪のブレーキとバランスをかける感じで慣れが必要なのは確かです、今回は交差点内で相手が加速してきて、左に避けようとおもっても回避できなかった感じです」などとツイッターで説明した。

■「ブレーキ性能よりも、電動キックボードの認知を広めていくのが重要」

この事故について、ロビンさんは、川口署に被害を訴えた模様で、警察から診断書を書くように言われたとツイッターで明かした。

4月25日のツイートでは、事故の相手が見つかって、この相手は事故を認めていると聞いたと報告した。

キックボードの運転で意見が相次いだことについて、ロビンさんは25日、J-CASTニュースの取材にメールで回答し、「ネット上の声は大変多くの反響があって賛否両論ですね。事故に関しても擁護、批判両面から意見が割れていると思います」と感想を語った。一方で、「普段から2輪車や自転車をよく運転する方、自動車を含め運転にかかわる職種の方は冷静なコメントをくださっていると思います」とも述べた。

そのうえで、今回の事故について、次のように振り返った。

「交差点突入時、左側の植え込みの陰の部分に意識が強くいってしまったため、前方の右折ウインカーに気が付くのが遅れてしまい、ブレーキをかけるタイミングがワンテンポ遅れてしまった要因があり、その点におきましては事故を回避できた可能性もあるとおもうので反省するところです。しかしながら、映像や現場を実際に見てみると強引に右折されてきた時点で横断歩道上まで来ていて接触地点までの距離は10mもありません。キックボードではなく原付、大型二輪車であっても衝突回避するのは難しいのではとの声もあります。今回幸いにも両ひざの怪我程度で済んだのは、映像ではわかりにくいかもしれませんが、なんとかブレーキが利いてある程度減速できたおかげだと思っています」

電動キックボードは、ブレーキをかけて止まるのが難しいのではないかとツイッター上などで指摘されていることについては、こう説明した。

「ブレーキ性能は一定の基準をしっかりとクリアしていると思いますし、乗っていた車種はフロントはディスクブレーキ搭載なので安全性は重視していると思います。両輪ディスクブレーキの車種も増えてきています。運転技術に関してキックボードは新しい乗り物なのでまだ誰もが初心者マークの状態です。また、走行する様子を見たことがない人が圧倒的に多いと思われます。ブレーキ性能よりも、電動キックボードの認知を広めていくのが重要だと考えています」

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

関連記事(外部サイト)