「カラオケでミシン貸出」なぜ実現? 大反響で期間延長、異色サービスの背景に「意外な歴史」

「JOYSOUND」池袋西口公園前店がミシン貸出サービス 大反響で期間延長へ

記事まとめ

  • 「JOYSOUND」池袋西口公園前店が実施している期間限定サービスが、注目を集めている
  • カラオケルーム利用者が、税込み1000円で貸し出しミシンを使用できるというもの
  • 同社は「自分だけのアトリエのように製作を楽しんで頂きたい」とサービスの意図を説明

「カラオケでミシン貸出」なぜ実現? 大反響で期間延長、異色サービスの背景に「意外な歴史」

「衣装制作や入園・入学準備品の制作など、アトリエとしてご利用ください!」――。

カラオケJOYSOUND」池袋西口公園前店が実施している期間限定サービスが、ツイッターで注目を集めている。カラオケルームの利用者が、税込み1000円で貸し出しミシンを使えるというものだ。実施の経緯を聞いた。

■カラオケで、「縫い物」

JOYSOUND池袋西口公園前店では2022年2月25日から期間限定で、「ミシンセット」の貸し出しサービスを実施している。カラオケ室料とワンドリンクオーダーに加えて、1セット1回につき税込み1000円で利用可能。

セットの内容は、ミシン針付属の家庭用刺しゅうミシン「parie」(ブラザー工業)、アイロン、アイロンマット、布切りハサミ、チャコペン。ただしメンテナンスなどにより全てが揃わないこともある。そのほか制作に使用する布や糸、針などの消耗品は持参が必要だ。

話題のきっかけとなったのは、ツイッターユーザーの癒堕(@xxx11YUDA26xxx)さんによる4月26日の投稿だ。「家でミシン使えないから、今話題のJOYSOUNDにて縫い物しに来た」と、サービスの概要を紹介した。

投稿には、案内されたカラオケルームや貸し出されたミシンの写真を添付した。その後のツイートでは、「疲れたらちょっと休憩って感じでカラオケもできて最高!」と魅力を伝えている。

発端の投稿は1万8000件以上のリツイートや4万件超の「いいね」を集め、ツイッターでは「ちょっと使いたい時に良さそう!!」「ミシンの音って意外と大きいから、カラオケルームで使えるのはサイコー!!」など好意的な反応が広がっている。

この投稿者は実際に利用した感想を「説明対応が凄く丁寧で、何かあっても安心した事と、広々と黙々とやれる空間がとても良かったです」と、27日の取材に答えた。今回は「仮装衣装」の制作をしたという。

JOYSOUNDを展開するエクシング(名古屋市)の広報は同日、普段からサービス改善のためSNSの動向を追っているとし、話題となった投稿についても「拡散が広がる前から認識しておりました」とJ-CASTニュースに明かす。そのうえで、

「あまりの反響の大きさに驚くとともに、担当者一同、非常に喜んでおります」

と伝えた。サービス開始以降、SNSの口コミによって利用者が増加しており、現在では週4回以上の利用がある。予約した利用者が優先され、部屋の広さに関しては店舗が人数に応じて案内する。

■「グループシナジー」活用

今回のサービスは、コロナ禍でカラオケ業界が苦境に立たされるなかで見出してきた「歌うにとどまらない、カラオケルームの新たな活用法」のひとつだという。

同社が発信してきた企画には、ライブビューイングやアニメ鑑賞などが楽しめるサービス「みるハコ」や、楽器やボーカルのオンラインレッスンの受講が出来るプラン、また、中国で人気を博しているという推理ゲーム「マーダーミステリーゲーム」などがある。

「ミシンセット」のレンタルを開始した経緯は、以下のように述べる。

「音響設備が整った個室という、カラオケならではの特性を生かし、ときには歌いながら、ときには好きなアーティストの映像を楽しんで頂きながら、自分だけのアトリエのように製作を楽しんでいただきたい、という想いで本サービスをスタートしました」

ほかにも広報は、実現に至った背景について、

「カラオケとミシンという異色な組み合わせに思われるかもしれませんが、ブラザー工業は当社の親会社であり、家庭用ミシンの製造を行っています」

と説明。

そもそも通信カラオケは、ブラザー工業が1986年に発売したパソコン用ソフトの自動販売機「TAKERU(タケル)」の技術から生まれたのだという。同機種はわずか300台ほどで製造撤退している。しかし、培われた技術をもとに構築された新たな通信インフラが、92年のJOYSOUND誕生につながったとする。

これを踏まえて広報は、「今回は、ブラザー工業の販売子会社であるブラザー販売に協力してもらい実現したもので、グループシナジーを活かした企画だといえます」とする。

■好評により期間延長へ

当初、実施期間は5月24日までが予定されていた。今後について広報は、

「好評につき3か月の延長を決定しました。また、都内で対象店舗を増やすことも検討しており、今後の状況によっては、さらにエリアを広げていく可能性もございます」

と明かす。また次のように意気込みを見せた。

「今後も型に捕らわれないさまざまなチャレンジをしていきたいと考えておりますので、どうぞご期待ください!」

関連記事(外部サイト)