障害者雇用の現実に「ガッカリしてしまった」 諦めかけた社会復帰、手足3本失った僕の就活実体験

障害者雇用の現実に体験者が落胆 「成長を期待されていないのかな」と違和感も

記事まとめ

  • 事故で右腕と両足を失った山田千紘さんが、障害者雇用をめぐる実体験を語った
  • 正社員採用をする会社もほとんどなかったといい、「ガッカリしてしまった」と話す
  • 入社後も求められるレベルが低く「成長を期待されていないのか」と違和感を抱いたそう

障害者雇用の現実に「ガッカリしてしまった」 諦めかけた社会復帰、手足3本失った僕の就活実体験

20歳の時に事故で右腕と両足を失った山田千紘さん(30)は、就職活動で直面した障害者雇用の現実に「ガッカリしてしまった」と話す。求人票に書かれた給与額は、低い会社で13万円程度、正社員採用をする会社もほとんどなかったという。

諦めかけながらも奮起し、再就職を果たした山田さん。だが入社後も「成長を期待されていないのかな」と違和感を抱き、転職へ――。何があったのか。山田さんが障害者雇用をめぐる実体験を語った。

【連載】山田千紘の「プラスを数える」〜手足3本失った僕が気づいたこと〜 (この連載では、身体障害の当事者である山田千紘さんが社会や日常の中で気づいたことなどを、自身の視点から述べています。)

■「手足が3本ない体で、この会社で何ができるだろう」

事故の前はケーブルテレビの営業職で働いていました。手足を失い、リハビリなどを終え、社会復帰を考えた時、「この体で営業職に戻るのは難しい。これからはデスクワークの事務職に就くだろう」と思いました。今から8年前のことです。

でも、両手があった頃から、僕はパソコンをほとんど使ったことがありませんでした。片手で使えるようにならないといけない。そのステップとして職業訓練校に通いました。

再就職にあたり、会社は人をどう判断するか改めて考えました。最初は履歴書。でも、書けることはほとんどありません。高学歴でもなく、高校は卒業したけど、大学は中退。前職も、事故があったから2か月程度で辞めています。

その中で就職活動をするのは難しいと思いました。「手足が3本ない体で、この会社で何ができるだろう」。自分がもし面接官だと考えると想像しづらかったです。

その時、履歴書の資格欄に書けることを増やさないといけないと思いました。片腕でもこれだけできると資格で示せれば、面接官にどんなことができるか聞かれた時、一発である程度理解してもらえます。車の免許から始まり、職業訓練校でパソコンのスキルを身につけ、簿記の資格も取りました。

WordやExcel の技能を評価する「CS検定」も取りました。CS検定には10分間タイピングという項目があります。両手ですごく速い人だと1200文字くらい、一般的には500文字くらい打てるでしょうか。僕も練習して、片手で450文字くらい打てるようになりました。

キーボードにはFとJのキーにホームポジションの印がありますが、僕はその間のHキーにシールを貼っていました。画面を見ながら、片手でブラインドタッチできるようにひたすら練習しました。新聞記事をWordに打つとか、暇さえあれば練習。徐々に手が覚えていきました。

スキルをつけたり資格を取ったりしてレベルアップしていくと、履歴書に書ける内容が増えるのと同時に、自信を持てます。やってきたことに自信が持てさえすれば、面接でも伝わるはずだと思いました。

■「障害者は大人しく静かに暮らしていくしかないのか」

でも、面接を受ける前の段階で、障害者雇用の現実にガッカリしてしまいました。障害者雇用の求人を見た当時、正社員雇用がほぼなかったです。月給は多くの会社で20万円以下、低いところだと13万円くらいでした。自分なりに頑張ってきたけど、「待っているのはこういう求人だけなのか。自分は人と違うのか。障害者は大人しく静かに暮らしていくしかないのか」と悲観しました。

就職前、自立のために1人暮らしする目標も設定していました。東京都内で1Kのアパートを駅徒歩圏内で借りると、家賃相場は大体7〜8万円。水道光熱費や携帯電話料金も含めると、生活のために月10万円くらい必要です。給与が額面で20万円以下だと、手取りはもっと下がるから、ただ生活して食いつなぐためだけに働かないといけなくなるのかなと、厳しい現実に直面しました。

一方で、給与が低いことが理解できる部分もあります。障害がある人には障害年金やいろいろな福祉手当が整備されています。障害基礎年金は、一番重い障害等級1級なら月に約8万円。障害厚生年金があれば上乗せされます。他にも月約2万7000円の特別障害者手当や、自治体の手当などがあります。こうした年金・手当を全て受け取っていれば、給料が13万円程度でも生活できる金額は確保できます。

ただ、僕は特別障害者手当は受給できていますが、障害年金は受給できていません。受けるには、事故後の初診日までに国民年金か厚生年金に加入し、定められた保険料を納付していなければならなかったのですが、僕は20歳になって10か月ごろの事故で、受給に必要な保険料を納められていませんでした。大学を中退し、就職してから約2か月だったためです。受給要件を満たしていない時に起きた事故でした。当時、病院のベッドで知りました。

だから何とか働いて稼がないといけない。会社に入って社会復帰しないといけないと思っていました。そうした中で見た障害者雇用の求人の月給が低かったので、愕然としてしまいました。まるで「死んでもいい」と社会に言われているような気持ちにすらなりました。

中には月給20万円を超える求人もありました。そこでさらに現実があって、精神障害者や身体障害者などいろんな障害者がいる中で、わずか1〜2枠を争わないといけませんでした。物凄い倍率でした。

■転職を決めた理由

就職を諦めかけました。「もう無理だ」と思ってしまいました。それでも兄が激励してくれたおかげで、もう一度頑張ろう、自立しようと思い直しました。

その結果、大手グループ会社のIT企業に障害者雇用枠で正社員採用してもらうことができました。給与も20万円くらい、ボーナスもあって、生活に必要な額を頂ける会社でした。1人暮らしも無事スタートできました。

だけど、入社したらまた別の現実に直面します。給与が上がらなかったのです。22歳で入社し、ほとんど新卒の同期は毎年昇給していくのに、僕だけは違うレールでした。

仕事内容も、求められるレベルが低かったです。出世も難しそうだし、成長も期待されていないのかな。そんな風に違和感を抱いてしまいました。この会社で自分は成長できるのか、違う方向に進むべきなのかを考えた結果、勤めて3年、2017年に転職しました。当時まだ25歳。もっと仕事したいし、ステップアップしたかったんです。

転職も当初、障害者雇用枠で探しましたが、やはり給与が低かったです。幅を広げたいと思っていた中、転職エージェントに「ここだったら一般採用で入れるかもしれない」と紹介してもらった会社がありました。それが実際に一般採用枠で入社し、今も勤めている航空関連会社です。毎年の昇給もあるし、新しい仕事も振られます。

ここ最近の障害者雇用の求人はちゃんと見ていないので、最新の実態は分かりません。待遇が上がっていると嬉しいです。僕は就職にあたって、障害者か健常者かに関係なく、仕事上同じ目線で自分を見てくれる会社で働きたいと思っていました。その点で今の会社は、あくまで他の社員と同じように扱ってくれます。その中でも、どうしても身体的にできないことには配慮してくれます。本当にありがたく思っていますし、だからこそ僕自身も会社に貢献したいという意欲も出てきます。

(構成:J-CASTニュース編集部 青木正典)

関連記事(外部サイト)