モンブランの上に「ツヤツヤな豚」 ケーキ「ルイ美豚」がSNSで思わぬ注目、店も驚き

ツヤツヤな豚の形のケーキ「ルイ美豚」に衝撃 『アイマス』キャラ想起で注目集まる

記事まとめ

  • 名古屋の洋菓子店「レニエ」で販売されているケーキが注目を集めている
  • ブロンドチョコと紅茶のムースをモンブランの上にのせたケーキで、豚の形をしている
  • 豚が世界各国で幸運のシンボルとして愛されていることを受けて制作したという

モンブランの上に「ツヤツヤな豚」 ケーキ「ルイ美豚」がSNSで思わぬ注目、店も驚き

1992年に創業した名古屋の洋菓子店「レニエ」で販売されているケーキが、インターネット上で大きな注目を集めている。ブロンドチョコと紅茶のムースを、モンブランの上にのせたケーキ。しかしその見た目や商品名に、多くの人々が驚いた。

チョコと紅茶を併せたベージュのムースは、ふくよかな豚の形をしている。モンブランは干し草を表現している。そのケーキは、「ルイ美豚(ビトン)」という名で販売されていた。

J-CASTニュースは2022年4月25日、レニエに販売した経緯を取材した。

■豚は幸福のシンボル

本格的なフランス菓子を追求し、多彩な商品を展開するレニエの店頭に21年5月、豚を象ったケーキ「ルイ美豚」が陳列された。ツヤツヤとしたベージュの豚が、モンブランでできた干し草の上にのっているような見た目をしている。値段は税込み648円。

このケーキを開発したのは、レニエのオーナーシェフ・長谷川享平さん。名古屋の老舗洋菓子店で修業後、30歳で「有限会社 お菓子屋レニエ」を設立。渡仏を重ねながら本格的なフランス菓子を追求し、愛知県洋菓子協会副会長も務めている。

長谷川さんは「僕のお菓子の向こう側に幸せがありますように...」という信念を掲げ、さまざまな洋菓子を生み出している。「ルイ美豚」は、豚が世界各国で幸運のシンボルとして愛されていることを受け、「ショーケースを見た時笑顔になれる」と思い制作したのだという。レニエの担当者は、味について次のように解説する。

「ブロンドチョコレートと言うホワイトチョコレートをキャラメリゼした新しい商品と、アッサムティーで香りをまとったムースに金柑のジュレフィエがセンターに入っています。
土台はアーモンドのモワルーと和栗のモンブランで干草の寝床をイメージしています」

■「アイマス」想起ツイートで「完売」

高級ファッションブランドとして知られる「ルイ・ヴィトン」を想起させる商品名にした理由については、次のように述べる。

「有名ブランドの名前を起想させながら全く違うお菓子とのギャップが笑顔になり購買意欲が湧くのだと思います、そして期待を裏切らないそれ以上の味なのです」

こうして生み出された「ルイ美豚」。店はこれまでに何度か同作をクローズアップした販促を行ったものの、「それほど注目されませんでした」と振り返る。

しかし2022年4月18日、ツイッターで次のように紹介された。

「時子様のお誕生日ケーキ買ってたんだけどこんなん買うしかないやろ」

人気ゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」に登場するキャラクター・財前時子(ざいぜん ときこ)を想起したという。ファンからは「時子様」と称される女王様キャラで、趣味は「お仕置き」や「豚を料理すること」。誕生日は4月18日で、出身はレニエが店を構える名古屋だという。

ファンからは「買うしかない!」という声が相次いだ。発端となった投稿は26日時点で、約1万1000件のリツイート、約3万5000件の「いいね」が寄せられている。

レニエの担当者は「ゲームに関しては全く知りませんでした」と明かし、「影響力のあるインフルエンサーの方の投稿だとここまで話題になるんですね」と驚いた。

「ルイ美豚」は、製造に手間がかかるため1日の販売数に限りがある。ツイッターで話題になった影響のためか、最近は完売しているとのことだ。

関連記事(外部サイト)