「外に出ろよ!」泥酔客、突然喧嘩売る 丼にビール缶ぶち込み...被害のラーメン店長語った一部始終

ラーメン店長が、ビールの缶などが突っ込まれたラーメンの写真を公開 客の行為に心痛

記事まとめ

  • ラーメン店長が、ビールの缶などが突っ込まれたラーメンの写真をTwitterに投稿した
  • 泥酔客がお椀やマスクをラーメンに突っ込み、「うまくねえんだよ!」と言ったという
  • さらに、泥酔客は店長に対し、「外に出ろよ!」と要求して喧嘩を売っていたらしい

「外に出ろよ!」泥酔客、突然喧嘩売る 丼にビール缶ぶち込み...被害のラーメン店長語った一部始終

二郎系ラーメンとして知られる東京都足立区内の「ラーメン ノックアウト」が、大量の割りばしなどがラーメンに突っ込まれた写真を店のツイッターに投稿した。

50歳ぐらいの酒に酔った男が暴れて、警察も出動する事態になったという。店長(45)に当時の状況を聞いた。

■いきなり2本指で店長を指して笑い始めた

モヤシやチャーシューではなく、割りばし約20本のほか、店の布きんやビールの缶、紙コップなどまで山盛り状態になっている。

この写真は、ラーメン ノックアウトが2022年4月29日にツイッターに投稿した。

「不味くてすいません!悲しかった!」。異常な丼の残し方に、店は、こう漏らし、1万7000件以上リツイートされて写真が拡散している。

一体何があったのか、ラーメン ノックアウトの店長に5月2日、J-CASTニュースが詳しく話を聞いた。

それによると、男は4月29日20時過ぎ、1人で店に来て、まず券売機で食券を買った。最初は、唐辛子とラー油で作った辛味やチャーシュー、ビールを注文した。初めて見る顔だった。どこかで飲んだ様子で、すでに酔っていたという。

会話はなかったにもかかわらず、いきなり2本指で店長を指して笑い始めた。店長は、調理などに忙しく、男から見て後ろ向きだったが、「おかしい人だな」と思ったという。

10分ぐらいして、男は、ラーメンを追加注文した。その後、バンと大きな音がして、店長が振り向くと、男は、はし立てにあった割りばしをラーメンに突っ込んでいた。大きな音は、はし立てをテーブルの上に叩き付けた音だった。

男は、テーブルの布きんやビールの缶、チャーシューを入れたお椀などもラーメンに突っ込んでいた。店内に入るときに着用していたマスクまで、丼の中には入っていたと、店長は明かす。

■店の除菌スプレーで、顔めがけて吹きかけてきた

店を出るときに、男は、「うまくねえんだよ!」と大声を出し、店長に対しては、「外に出ろよ!」と要求したという。店の看板も手に取って、店内を徘徊し、店長にケンカを売っている様子だった。

さらに、男は、店内にあった除菌スプレーを手に取って、店長の顔めがけて吹きかけたという。その後も、「うまくねえんだよ!」と男は繰り返した。

店内には、他の客もいたため、店では、すぐに110番通報した。

警視庁の警察官が店に駆け付け、男は、パトカーで連れて行かれた。店長は、男が2度と店に来ないように伝え、警察からは、男がもし再度店に来るようなら通報してほしいと言われたという。

その後については、警察から話は聞いておらず、男は、5月2日昼過ぎ時点では店に来ていないとしている。

「昨年9月に店がオープンしてから、お客様は、ゴミをきちんと捨てておられますし、マナーの悪い方はほとんどいません。今回のトラブルについては、こちらでは何も心当たりがなく、もしかしたら、辛いことを思い出して当たってきたのかもしれないと思いました」(店長)

トラブルについて、店では、ツイッターで1日にこう報告した。

「皆様のあたたかいコメントやメッセージありがとうございます!あんなことしたのもなんか辛いことがあったのかな?っと今冷静になるとおもいます!自分もいろいろ間違ったり人を傷つけたりしてきました!少しでも皆様を笑顔に出来るようなラーメンを作って行きたいと思います!ありがとうございました!」

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

関連記事(外部サイト)