公式カメラマンが不適切対応、コスプレイベント運営が謝罪 参加者告発で発覚「指導を徹底いたします」

コスプレイベント運営するハコスタが謝罪 公式カメラマンが不適切な対応

記事まとめ

  • コスプレイベントを運営するハコスタは、一部の客に不適切な思いをさせたとして謝罪
  • 公式カメラマンが無償で撮影を行うサービスで、被写体によって態度が異なったという
  • イベントで撮影したコスプレイヤーの画像を、個人のアカに掲載していたことも疑問視

公式カメラマンが不適切対応、コスプレイベント運営が謝罪 参加者告発で発覚「指導を徹底いたします」

コスプレイベントを運営するハコスタ(大阪市)は2022年5月5日、東京・池袋のイベントで実施した「カメラマンサービス」で一部の客に不快な思いをさせたとして、ツイッターで謝罪した。

ツイッターでは4日、同サービスのカメラマンの対応に不満の声が寄せられていた。

■「今後このようなことがないように指導を徹底いたします」

3日から5日にかけて、池袋サンシャインシティ周辺でコスプレを楽しむことができるイベント「acosta!@池袋サンシャインシティ」が開催された。物議を醸したのは「カメラマンサービス」という、イベント運営会社の起用した「公式カメラマン」が無償で撮影を行うサービスだ。撮影データは後日、運営からメールで参加者に届けられる。

4日のイベント参加者が、公式カメラマンの対応についてツイッターで苦言を呈した。被写体によって態度が異なり、投稿者に対しては怒ったり不機嫌そうな対応を取ったりしていたという。

ハコスタは5日、イベント公式アカウントで次のように謝罪した。

「5月4日のacosta!にて公式カメラマンサービスの不適切な対応により、一部のお客様にご不快な思いをさせてしまいましたこと深くお詫び申し上げます。
今後このようなことがないように指導を徹底いたします」

公式カメラマンをめぐっては、イベントで撮影したコスプレイヤーの画像を個人のアカウントに掲載していたことも疑問視されている。写真は編集作業中のもので、ガーターベルトをたくし上げる女性の下半身のみを写したものもあった。

関連記事(外部サイト)