丸の内線で「乗務員トラブル」SNSで心配広がる 東京メトロ「お気遣いいただき大変ありがたいです」現在は無事回復

東京メトロ丸ノ内線が乗務員トラブルで一時運転見合わせ SNSでは気遣う声が広がる

記事まとめ

  • 東京メトロ丸ノ内線・御茶ノ水駅で「乗務員トラブル」が発生し、運転を見合わせた
  • 「ゆっくり休んでほしい」と気遣う声や、運転見合わせに理解を示す声もあがった
  • 東京メトロ広報課によると乗務員は医務室で休養し、回復後に所属の事務室に戻ったそう

丸の内線で「乗務員トラブル」SNSで心配広がる 東京メトロ「お気遣いいただき大変ありがたいです」現在は無事回復

東京メトロ丸ノ内線・御茶ノ水駅で2022年5月12日午前7時40分ごろ、「乗務員トラブル」が発生し、一時は全線で運転を見合わせた。インターネット上では乗務員が倒れていたといった書き込みが拡散され、心配する声が広がっている。

いったい何があったのか、東京メトロに取材した。

体調不良の乗務員は無事に回復

東京メトロはツイッターで「御茶ノ水駅で乗務員トラブル」が発生したと案内した。ツイッターでは聞きなれない単語だったためか「乗務員トラブル」がトレンドに浮上し、「何があったの?」と話題になっている。

東京メトロ広報課の担当者によれば、乗務員の体調不良などで運転を継続できない時に「乗務員トラブル」と案内している。客との揉め事ではないかと心配する声も広がっていたが、客と乗務員の間でトラブルが発生した場合は「お客様トラブル」と案内することが多いと説明した。

今朝のトラブルについては、次のように説明する。

乗務員から「めまいがする」という報告が指令所に寄せられ、その時点で全線の運転を見合わせた。交代の乗務員は、最寄りの詰所からタクシーで派遣した。7時57分には乗務員の手配を完了し、全線の運転を再開した。体調不良を訴えた乗務員は医務室で休養し、回復した後に所属の事務室に戻った。

広報担当者は「乗務員トラブルによって運転を見合わせることになり、ご利用の方にはご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

■「安全運行を守ったと思えば仕方がない」

まとめサイトなどでは乗務員の体調不良による運転見合わせであったと拡散され、「ゆっくり休んでほしい」「お大事にしてください」などと気遣う声が広がっていた。中には見合わせについて理解を示す声もあった。

「無理せず、隠さず体調不良を申告した乗務員の方はまさに列車の安全を守ってくださったといえる」
「今朝の丸ノ内線の乗務員トラブルの件、乗務員が体調不良になったらしいけど、素直に申告して安全運行を守ったと思えば仕方がないと思うよ」
「多分ギリギリまで頑張って、ちゃんと申し出てお客さんの安全を守ってくれた乗務員さんありがとう」

こうした声を、東京メトロは次のように受け止めた。

「乗務員にお気遣いいただく声をかなり多くいただいているようで、大変ありがたく思っております。
乗務員に対しては日ごろから体調管理の重要性について説いておりますが、今回のようにまれに体調不良などで、多くのお客様にご迷惑をおかけしてしまうこともございますので、そういった際にはご理解いただけますと幸いです」

関連記事(外部サイト)