大阪で「大型ライブ&フェス」の日に吹田市「不発弾処理」 交通網に混乱懸念...市は協力呼びかけ

大阪府吹田市内で発見された不発弾の処理・撤去作業が2022年7月24日に行われるのに伴い、JR西日本は同日、JR京都線やおおさか東線の列車の運転を一時的に取り止めると6月16日に発表した。

この発表に対しツイッター上では、不発弾の撤去作業日が大阪などで開催される複数の大型ライブや音楽フェスと重なっており、大規模な交通網の混乱が起こるのではないかと懸念の声が上がっている。

■大阪府内で複数の大型ライブやフェスが開催

大阪府吹田市は6月6日 、同市内で発見された不発弾の処理作業を7月24日に行うと発表した。発見地点からおよそ半径300メートル以内の区域を警戒区域(避難対象区域)に指定し、不発弾処理作業中は区域内への立ち入り制限と道路交通規制を実施する。

JR西日本は16日、同市の発表に伴い、JR京都線やおおさか東線の一部が警戒区域の範囲内になるとし、列車の運転取り止め日時や区間、当日の運行計画などを発表した。JR京都線は高槻駅から大阪駅、おおさか東線は新大阪駅から放出駅までが、12時頃から夕方にかけて運転取り止めになるという。

運転取り止め中の振替代行輸送については「阪急電鉄・京都市交通局・阪神電車・山陽電車・神戸市交通局・神戸新交通・近畿日本鉄道・京阪電気鉄道・Osaka Metroによる振替代行輸送を実施します」としているが、運行状況によっては振替代行輸送が実施できない場合があるとしている。

JR西日本の発表に対し、ツイッター上では「全国でライブがあって数十万人が移動する日だし、何より祇園祭あるのにどうするんだこれ 」「7月24日大阪でライブやらフェスやらあるけど吹田で不発弾処理あるみたい 」と、大規模な交通網の混乱が起こるのではないかという懸念の声があがった。

大阪府内では7月24日、関ジャニ∞やハロー!プロジェクト、Da-iCEといったグループがライブを予定しており、DISH//や優里といったアーティストらが出演する「OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL 2022」も開催される。

■「ご迷惑をおかけすると思うのですが、皆様のご協力をお願いしたい」

大阪府吹田市の広報担当は17日、不発弾の処理日が決まった経緯について、J-CASTニュースの取材に対し「日程の中で、なるべく早く市民の皆様の不安を取り除くため、関係機関様と調整した中で、この日に決まったというところでございます」と回答した。

同日に開催される大規模ライブやフェスについては把握していなかったとしたが、「不発弾という非常に危険な物ですので、これを1日でも早く除去して皆様の不安を解消することを最優先として、少しでも早い日程ということで、7月24日にさせていただきました」と答えている。

交通の影響への対策については「早いタイミングで皆様にお伝えさせて頂くことで早めの移動を呼びかけることであったり、当日は阪急電鉄を始め振替輸送を予定しておりますので、ご利用いただくようお願いできればと考えております」と答えた。そして、「今回ご迷惑をおかけすると思うのですが、皆様のご協力をお願いいたします」と協力を呼び掛けた。

関連記事(外部サイト)