「自分でも読み返して泣いてしまう」 話題呼んだ言語学者の「育児日記」が重版...作者明かす舞台裏

生後8か月で「歯茎音が出た」、「両唇吸着音を発音している」――このような「音声学」の観点でつづられた育児日記に、インターネット上で大きな注目が集まっている。

日記は、書籍「音声学者、娘とことばの不思議に飛び込む」の冒頭に掲載されている。音声学の入門書で、著者の育児経験を基に執筆された。

J-CASTニュースは2022年6月7日、著者の言語学者・川原繁人さんに執筆の背景を取材した。

■育児の中で音声学的な感動に出くわす

川原さんによれば音声学は、人間が発する「音声」を研究の対象とする。言語学に含まれる学問の一種で、人々がどのように舌や唇を動かして声を発するのか、その声がどのように聞き手に届くのか、聞き手はどのようにその音を解釈するのかを研究するのだという。

話題となった書籍の育児日記には、子供の成長を喜ぶと同時に覚える寂しさも専門的な観点から記録している。本文中には同じく言語学者として活躍する妻も登場し、「(次女の)硬口蓋化が弱くなってきちゃったねー」といった、ユニークな会話も繰り広げられる。

同書は朝日出版社のウェブマガジン「あさひてらす」での連載をまとめたものだ。連載のきっかけは新型コロナウイルス禍だった。2020年の春、長女の通う幼稚園は休園を余儀なくされ、自分自身もテレワークで仕事をすることになった。娘達と過ごす時間が増えた川原さんは、前々からつけていた次女の育児日記を、さらに詳しく書くようになっていき、その中で数々の音声学的な感動に出くわした。

次女に感動した例のひとつは、冒頭の日記で紹介した「両唇吸着音」で、これは両唇を使って息を吸い込む音なのだという。この音はアフリカの言語のみで見られる音で、多くの日本人の大人にはなじみがなく習得するのは難しい。夫婦の会話に登場することもなかった。しかし赤ちゃんにはできた。川原さんは、「こんなすごいことが起きているんだ!」と感動し、思わず「動画に取らなきゃ」とカメラを手にした。授業で実例として紹介するためだ。

当時、川原さんが教鞭をとる慶應大学ではリモート授業が導入されていた。前々から難しい学問をどのように生徒に紹介するべきか悩んでいた川原さんは、コロナ禍が始まってから特に、身近な現象から音声学の面白さを伝えていきたいと考えていた。

「オンラインになると学生の顔が見えません。対面授業よりも分かり易くする必要があり、多くの人々に親しみのある物事から説明を始めたいという思いがありました。自分にとって一番身近な日常のひとつは子育てでした。自分が実際に体験したものから音声学を語ったらどこまで説明できるのか、挑戦してみたい気持ちがありました」

■「言語学」は無力なのか? コロナ禍に沸いた疑問

川原さんは「世の中が暗い分、書くものは明るくしたかった」と振り返る。川原さん自身、コロナ禍初期は無力感に打ちひしがれていた。

「20年の2月〜3月は落ち込んでいました。自分が人生をかけて取り組もうと決意した学問が、コロナ禍に対してこうも無力なのかと」。しかし川原さんは2人の研究者のおかげで立ち直ることができた。

1人目はアメリカの共同研究者。オンラインで研究ミーティングをした際に「コロナによって仕事を失う人が多い中で研究を続けられるのは当たり前のことではない」と諭されたのだという。「研究を続けられるうちは研究に打ち込む義務がある」と感じた川原さんは、「自分で選んだ学問の道を信じ、やれることをやろう」と思い立った。

2人目はフィールド言語学に携わる友人の教授だった。パンデミックが広がり始めたころ、南アフリカでは新型コロナウイルスに関する情報が乏しかった。英語やフランス語以外の情報が不足していたためだ。友人はWHO(世界保健機関)が発したコロナに関する情報を翻訳するプロジェクトを手伝わないかと声をかけてきた。川原さんら言語学者は、さまざまな言語のネットワークを持っており、翻訳活動に役立つことができたのだという。

「もしかしたら言語学は役に立つのではないか」と思い直した川原さんは、対面で授業をできなくなった生徒たちや、学費を理由に大学に通えなくなった人々に向けて、楽しく音声学を学べる講座用の動画を撮り始めた。書籍の内容はその延長線上にある。動画を撮り進める中で、編集者から声がかかり、連載を持ち書籍化に至った。

■涙ながらに振り返る育児の奮闘録

同書は6月1日、あるツイッターユーザーが「おもしろすぎる」と紹介し、注目を集めた。「育児日記というより観察記録」「ガチの分析と子どもが言葉を発する喜びが入り混じってて味わい深い」「知識があるばかりに解像度が高すぎる例だ!おもしろすぎるよ」などと話題になり、元のツイートは15日までに約6000件リツイート、約2万4000件を超える「いいね」が寄せられた。「育児にあたって凄い意識しちまうし役に立つ」「本のとおりだーってなります」といった共感の声も多い。

ツイッターで「解像度が高い(観点が細やか)」といった感想が寄せられたことを受けて、川原さんは音声学を専門として研究していてよかったと感じたと話す。また多くの共感の声も育児の励みになった。

大きな注目を集めた「育児日記」部分は、書籍化する際に編集者の勧めで掲載した。「歯茎音」などの一般的にわかりづらい専門用語は、書籍内で解説され、読了後に日記部分を読み直すと、著者の感動が伝わる構成となっている。

書籍は発売から約2週間で即重版。売れ行きも好調のようだ。大きな反響を得たことを受けて、川原さんは自らの書籍を次のように振り返る。

「育児を起点によくここまで語りつくしたね、とお褒めの言葉をいただきました。がんばって良かった、今の時点でやれることはできたかなと思います。
これまでにも6冊の書籍を出版していますが、この本だけは娘たちが大きくなったらどう思うか読んでほしい。自分で言うのもなんですが、自分でも読み返して泣いてしまうんです。子供と取り組んだ実験の数々など、思い出がいっぱい詰まった本です」

育児については、ある程度の覚悟を持っていても大変だったという。コロナ禍の影響で辛いこともたくさんあった。しかし娘たちと過ごした日々を思い返しながら、川原さんは「子育ては辛いこともあるけれど、楽しいんだなって思いました。そうした気持ちを、少しでも共有出来たら嬉しいです」と話した。

関連記事(外部サイト)