ファミマ「40%増量」検証企画が話題、最大80%増量も 物価高でもなぜ実現?広報に聞いた

ファミリーマートが「お値段そのまま!!40%増量作戦」を開催 40%以上増量と話題に

記事まとめ

  • ファミリーマートが2日より「お値段そのまま!!40%増量作戦」を開催している
  • SNS上では40%増量と謳っているにも関わらず、それ以上増量がされていると話題に
  • 物価高騰が続く中で開催できた理由は「早くから今年の実施に向けて動いていた」と説明

ファミマ「40%増量」検証企画が話題、最大80%増量も 物価高でもなぜ実現?広報に聞いた

2022年8月2日からファミリーマートが開催している「お値段そのまま!!40%増量作戦」が、実際にはそれ以上増量されているとしてSNS上で話題になっている。

同社広報部は8月5日、J-CASTニュースの取材に対し、物価高騰が続く中で開催できた理由について「前もって原材料の確保などを行うことができた」と明かしている。

■「40%増量作戦は本当にお得」

キャンペーンは8月2日から、全国のファミリーマート約1万6000店舗で開催している。週替わりで全20種類の人気商品が「お値段そのまま」で40%増量する。期間は商品により異なり、無くなり次第終了となる。

SNS上では、40%増量と謳っているにも関わらずそれ以上増量がされているとして話題になっている。

発端となったのは、ブロガーのゲムぼく。さんの検証企画だった。ブログで結果を伝えており、「直巻 明太子マヨネーズ」は53%、「クリスピーチキン」は62%、「タルタルチキン南蛮」は80%も増えているという。

自身のブログをスクリーンショットして紹介したゲムぼく。さんのツイートは、5日18時までに9万4000以上のリツイートや32万以上のいいねを集め、「本当に衝撃」「ファミマしか勝たん」といった反響が上がっている。

検証の動機について、ゲムぼく。さんは2日、J-CASTニュースの取材に対し、21年に開催された「40%増量作戦」でもファミチキが約65%増量されていたとし、次のように述べた。

「今年もこのキャンペーンが実施されるとのことだったので、『今年はどうなんだろう。昨年に比べ、原材料費の高騰はさらに進んでいるから、40%も増量するのは今度こそ難しいのではないか?』と気になって、複数の商品で調べてみることにした、という流れです」

投稿への反響については「ひとりのファミマ好きとして、多くの人がファミリーマートのよさ、おもしろさに気づいてくれるのはうれしいな〜、という思いです」とコメント。「40%増量作戦は本当にお得なので、ぜひたくさん食べて、みんなでいつも以上にお腹いっぱいになりましょう!と言いたいです」と呼びかけている。

■「早くから今年の実施に向けて動いていた」

ファミマ広報部は4日、取材に対し「昨年実施した本企画が、ほとんどのカテゴリーにおいて、通常時の2倍以上売上が伸びるなど、非常に多くのお客さまから好評いただき、今年も再び実施する運びとなりました」と実施背景を説明。40%以上増量している商品については「商品によっても異なりますが、基本的に40%増量しております。お客さまにご満足いただくため、40%を下回らないように商品設計しております」と説明した。

物価高騰が続く中で開催できた理由は「昨年の実施後、早くから今年の実施に向けて動いていたことなどから今回の実施につながりました」とし、早期の原材料確保が奏功したと明かした。

反響については「非常の多くのお客さまに喜んでいただき、大変うれしく存じます。今回の企画をきっかけに今後もファミリーマートに『もっと美味しく』『たのしいおトク』といったことを感じていただき、普段のお買い物を楽しんでいただければ幸いです」と述べている。

関連記事(外部サイト)