コミケ名物「ベローチェの本気」今年も話題に 人数5倍、店長クラス集結...運営会社に聞いた「C100への思い」

コミックマーケット名物「ベローチェの本気」今年も話題に 人数5倍、店長クラス集結

記事まとめ

  • 東京ビッグサイトに近接するカフェ・ベローチェ有明店が、今年も話題を集めている
  • 世界最大の同人誌即売会「コミックマーケット」の期間中は、人数5倍、店長クラス集結
  • ツイッターでは、「ベローチェの本気やばかった」「気合い入ってた」などと驚く声も

コミケ名物「ベローチェの本気」今年も話題に 人数5倍、店長クラス集結...運営会社に聞いた「C100への思い」

東京ビッグサイトに近接するカフェ・ベローチェ有明店(東京都江東区)。世界最大の同人誌即売会「コミックマーケット(通称コミケ)」の期間中は、熟練のスタッフをそろえた「特別体制」で多くの参加客をもてなしてきた。

そんな同店は今年、店頭に「コミケ100記念ロゴ」を展示した。ツイッターでは、参加者から「ベローチェの本気やばかった」「気合い入ってた」などと驚く声が寄せられている。

運営会社C-United(東京都港区)は取材に対し、お祝いの気持ちから掲示を行ったと述べる。

■「記念ロゴとコラボしたポスターにベローチェさんの気合いを勝手に感じた」

2022年8月13日から14日にかけて、東京ビッグサイトでコミックマーケット100(通称C100)が開催された。新型コロナウイルス感染症が拡大して以来、初の夏開催となった。

ベローチェ有明店には期間中、関東近郊の店舗の店長や、地区をまとめるスーパーバイザーを中心に、業務熟練度の高いスタッフが集った。C-Unitedによれば、同店はビッグサイトでコミケが開催されるようになった2年後の98年3月にオープン。翌99年から、コミケの開催に合わせた特別な対応を行うようになった。

「通常の日は、3〜5人(5人はピーク時)で店舗を営業していますが、コミックマーケット開催時期は、人数規模も約5倍で営業しています。通常は、パートナーと店長を合わせての人数ですが、コミックマーケット開催時期は、店長など業務の熟練度が高い人材での5倍となります」

SNSなどでは2015年ごろから、「店長しかいないベローチェ」などとして注目を集めてきた。そんな有明店が今回、店頭やレジなどにコミケの開催100回目を記念したロゴマークと、ベローチェのロゴマークを並べた掲示を行ったことが話題になった。

「記念ロゴとコラボしたポスターにベローチェさんの気合いを勝手に感じた」
「きっとすごい包容力見せつけてくれるに違いないですね笑」

■コミケ期間の営業は「限定メニュー」も

ベローチェが展示したのは、コミケ準備委員会が公開した記念ロゴマーク。使用規約を守れば、誰でも無料で利用できる。

「コミックマーケット開催が、記念すべき100回目を迎えられるということで、お祝いの気持ちを込めて、少しでも盛り上げられことができればと想い、ポスターを制作いたしました。使用規約を遵守し、使用させていただいております」

コミケ開催期間中は、焼きたてのホットドッグとLサイズのドリンクコーヒーや、パスタとLサイズのドリンクをセットにした限定メニュー「コミケセット」を提供している。このほか一部のドリンクメニューでは特別な「メガサイズ」を用意している。

ベローチェによれば、コミケは暑さや寒さの厳しい時期に開催されるため、客をできるだけ待たせず店内で快適に過ごせるように、通常営業では使用しないハンドサインやアイコンタクトも導入し、スタッフ同士が連携することでスムーズな接客を行っているそうだ。

■ベローチェが振り返る今回のコミケ

ベローチェは、今回のコミケ期間を次のように振り返る。

「会場の近隣に店舗を構える有明店では、休憩等でご来店されるお客様にとって、コミックマーケットでお過ごしされる時間が、より楽しく、素敵な思い出となるよう、心地よいサービス・空間をご提供したいという想いで、運営しています。
今回、歴史あるコミックマーケットが、100回目を迎えられたと同時に、夏のコミックマーケットは、コロナ禍で3年ぶりの開催となるなか、参加されているみなさんの楽しまれている様子や、コミックマーケットでの思い出話を笑顔で話されているシーンを目の当たりにし、その光景はとても感慨深いものでありました」

3年ぶりとなる今回は、初めてコミックマーケットを体験する店長も多かったそうで、SNSで好意的な声が寄せられたことはとても励みになっているという。

「『カフェ・ベローチェ』というブランド名は、イタリア語で"迅速"という意味を持ちます。たくさんのお客様にお越しいただく機会ですので、コミケ開催時のこうした伝統・文化を、次世代メンバーに繋ぎ、引き続き今後も、迅速で気持ちの良いサービスでお客様をお迎えできるよう努めてまいります」

(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)

関連記事(外部サイト)