名古屋あおい交通バス事故、無関係の「あいおい観光バス」に勘違い電話複数 「状況等ご説明できない」

名古屋高速でバス横転し炎上 無関係の「あいおい観光バス」に勘違いの電話も

記事まとめ

  • 名古屋高速道路小牧線豊山南インターチェンジ付近で発生で、バスは横転し炎上した
  • 運行していたのは「あおい交通」だったが無関係の「あいおい観光バス」に問い合わせも
  • あいおい観光バスの公式ツイッターは、「あおい交通と弊社は全く無関係」と説明した

名古屋あおい交通バス事故、無関係の「あいおい観光バス」に勘違い電話複数 「状況等ご説明できない」

名古屋市高速道路で2022年8月22日に起きた、あおい交通(愛知県小牧市)のバスの横転事故をめぐり、事故と無関係のバス会社「あいおい観光バス」(兵庫県相生市)は、事故後に電話で問い合わせがあったとして、「弊社へお問い合わせいただいても、状況等ご説明できません」と伝えた。

■「事故にあわれた方のご無事をお祈りいたします」

事故は22日10時ごろ、名古屋市の名古屋高速道路小牧線豊山南インターチェンジ付近で発生。バスは横転し炎上。この事故によりバスの乗客2人が死亡し、7人がケガをしたと報じられている。

バスを運行していたあおい交通の公式ツイッターは、12時43分に「弊社運行の県営名古屋空港直行バスが、栄からあいち航空ミュ―ジアムへ向かう途中、豊山南の名古屋高速道路上で事故により炎上しました。詳細については、現在、原因不明なので、把握次第掲載いたします」と報告した。

事故を受け、あいおい観光バスの公式ツイッターは12時52分、「本日の名古屋高速で起きました事故の運行バス会社『あおい交通』と弊社は全く無関係でございます。既に何件かお電話がありましたが、弊社へお問い合わせいただいても、状況等ご説明できません」と報告。「事故にあわれた方のご無事をお祈りいたします」とした。

関連記事(外部サイト)