引退馬が突進、牧柵なぎ倒す...放牧動画にSNS騒然 一部指摘に代表反論「自殺願望あるなら止めてみて」

引退馬のスイーズドリームス、牧柵なぎ倒す動画にSNS騒然 一部指摘に牧場代表が反論

記事まとめ

  • 牧場「yogiboヴェルサイユリゾートファーム」が公開した動画に驚きの声が広がっている
  • 引退馬のスイーズドリームスが暴れ、牧柵を杭ごとなぎ倒す動画には、疑問の声も
  • 牧場側は「おそらく血統的な問題。母・スイープトウショウの気性が荒いみたい」という

引退馬が突進、牧柵なぎ倒す...放牧動画にSNS騒然 一部指摘に代表反論「自殺願望あるなら止めてみて」

レースから引退した馬を引き取る北海道・日高町の牧場「yogiboヴェルサイユリゾートファーム」がツイッターで公開した動画に驚きの声が広がっている。映されているのは、引退馬が鳴き声をあげながら柵に向かって突進し、牧柵を杭ごとなぎ倒す様子だ。

J-CASTニュースの取材は2022年8月22日、代表の岩崎崇文さんに取材した。

■「運が良いことに擦り傷のみでした」

牧柵をなぎ倒したのは8歳の引退馬「スイーズドリームス」。父はディープインパクト、母はスイープトウショウのサラブレッドだ。今年5月にレースを引退し、yogiboヴェルサイユリゾートファームにやってきた。

牧場は21日、スイーズドリームスが暴れまわる動画をツイッターに投稿した。

「牧柵を杭ごとなぎ倒して放馬した時の動画です 運が良いことに擦り傷のみでした」

尾を高く上げるようにジャンプしていたスイーズドリームスが鳴き声を上げると、柵をめがけて突進。柵の前で飛び上がるも、高さが足りずにぶつかり、柵ごと倒れてしまった。

この様子にツイッターでは「ヤバすぎる!本当、怪我だけはしないでくれ!」「本当にかなりドキッとする状況」と驚く声が寄せられている。また一部のユーザーからは、「動画撮ってる人はなんで止めようともしないで冷静に動画撮ってるの」「人が見てるときは止めればいいのに」「ちゃんと対策考えてんのかな?」といった疑問の声も寄せられている。

なぜここまで暴れてしまったのか。取材に対し牧場の岩崎代表は、次のように話す。

「おそらく血統的な問題。母・スイープトウショウの気性が荒いみたいで、お姉さんも厩舎で亡くなっているそうです。生まれ持った何かなんでしょうね」

動画を撮影したのはスイーズドリームスが牧場に来てすぐの5月ごろ。馬主に動画を送ろうと撮影していたところ、このような事故が起こってしまったのだという。

■「まさか飛び越えてくるとは思いもしませんでした」

岩崎代表によれば、スイーズドリームスは育成場にいる時から放馬を繰り返しており、預かるときにも気を付けるよう連絡を受けていた。普通の馬は、柵を飛び越えようとせず止まるものだという。

「なかなか突っ込みはしませんし、まさか飛び越えてくるとは思いもしませんでした」

かつて勤めていた競走馬の生産牧場でもこのような気性の荒い馬はそれなりにいたそうだが、今回は予想外の出来事だったようだ。

ツイッターで「(馬を)止めればいいのに」といった声が広がっていることを受けては、次のように話す。

「普通は止まると思います。まさか牧柵に突っ込んでくる奴はそうそういません。自殺願望があるならば止めてみてください」

すでに対策は済ませている。牧場ではスイーズドリームスが突進したその日のうちに牧柵を打ち換えた。飛びこえようとしないように高くしたうえで、柵の場所も改めた。それ以降、スイーズドリームスは飛び越えようとすることはなくなったという。

岩崎代表は、スイーズドリームスを心配する人々に対し、牧場での様子を見てほしいとコメントした。

関連記事(外部サイト)