車いす同士がガチンコで激突! パラ競技「ウィルチェアラグビー」の迫力がとにかく凄い

車いす同士がガチンコで激突! パラ競技「ウィルチェアラグビー」の迫力がとにかく凄い

車いす同士がガチンコで激突! パラ競技「ウィルチェアラグビー」の迫力がとにかく凄いの画像

「ドンッ!」「ガンッ!!」...あまりの迫力に、会場中が、かたずをのんだ。

2019年2月24日、東京都・大田区総合体育館で行われた「パラスポーツ観戦・応援イベント『BEYOND STADIUM』」内の「ウィルチェアラグビー」。その激しさに、観戦に訪れた小池百合子都知事、放送作家のテリー伊藤氏も、あっけにとられた。

バスケなどの要素も取り入れた新感覚スポーツ

記者も30年以上、ラグビーに携わってきたが「ウィルチェアラグビー」を生で見たのは、初めてだった。体育館内のバスケットコートと同じスペースで行われる。1チーム4名の男女混合で競技し、障害のレベルに応じて、0.5点(障害が重い)〜3.5点(障害が軽い)の合計8.0点を超えないように、チームを構成しなければならない、というルールだ。

車いす使用、人数といったところも含め、通常のラグビーと最も違うのが「ボール」だろう。ラグビーは楕円球(だえんきゅう)を使用して15人で行うが、同競技はバレーボール試合球(5号球)サイズの球形のボールを用いる。

また、ラグビーで禁じられている「前パス」もOK。ドリブルもできるなど、さながら「バスケットボール」「アイスホッケー」「ラグビー」の要素を取り入れた新感覚のスポーツと言っていい。

その試合で、一番、驚いたのが「タックル」だった。通常のラグビーなら、走ってくる選手を体で「タックル」するが、そこは車いす同士。ボールを持った相手に車いすごとぶつかり、金属の激しい音が場内に鳴り響く。

実は記者も、左大腿骨を骨折し、5か月ほど入院&リハビリを経験したことがある。起きてトイレに行く以外は、基本的に寝たまま。唯一の移動手段が「車いす」だった。

それを武器に、正面からぶつかり合うなんて...。ヤバすぎるでしょ! 実際、試合中もハードタックル(正面衝突)を受けた選手の車いすが横転。カメラのファインダー越しに見ていたが、思わず助けに行こうか...と思うほどの衝撃だった。

パンク修繕に1本1万円以上...「買ってください、テリーさん!」

試合は、AXE(アックス)東京 51−49 RIZE(ライズ)千葉。2点差でAXE東京が勝利した。

試合を終えた選手が、コートへと出てくる。皆、清々しい笑顔だ。一番、困ることって何? という話になり「タイヤがしょっちゅう、パンクするかな〜。1本、変えるごとに1万円ぐらいかかる」といったコメントで、会場を沸かせた。

同会場には、小池百合子知事、またTBS人気番組「サンデージャポン」の生放送を終えたばかりのテリー伊藤さんも登場。テリー氏は、

「初めて競技を見させてもらったんですが、こんなに迫力があるなんて思わなかった! まるで、アメリカンフットボールを見ているみたい。ケガなんかしないんですか?」

と聞くと、

両チームの選手たちは、そろって、

「ケガは、たまにするんですけど、それも含めて『ウィルチェアラグビー』だと思っているので。(倒されると)痛いです。でも、その時は『アドレナリン(脳内ホルモンの一種)』が出ているので、全然、気にならないです。それよりタイヤ、買ってください! テリーさん!!」

と話し、場内を笑いの渦に巻き込んだ。

また、同じく登壇した主催者の小池都知事は「パラカヌー」の模擬競技に出場。陸の上でカヌーに乗り、オールをこぐ...というものだが、ハアハアいいながら、

「あの...。お相撲さんが取組後に、息を切ってくるじゃない? 今、まさにそういう状態」

と話し、場内を沸かせていた。