「津田梅子は女性の社会参画の機会を拡大したパイオニア」 津田塾大学が新5000円札にコメント

麻生太郎財務相は2019年4月9日に紙幣(日本銀行券)のデザインを、2024年をめどに一新すると発表した。渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎の3人がそれぞれ新1万円札、新5千円札、新千円札に選出された。

前身である女子英学塾を創設した津田梅子が新紙幣に選出されたことを受け、津田塾大学は大学公式サイトで、

「津田塾大学の創立者津田梅子が新五千円券に採用されたというお知らせを拝受し、大変光栄に存じております。津田梅子は1900年に日本で最初の女性のための高等教育機関の一つである女子英学塾(津田塾大学の前身)を創設しましたが、それ以前から女性リーダーの育成に力を尽くし、女性の社会参画の機会を拡大したパイオニアです。後進の女性リーダーを輩出することに邁進した津田梅子を模範にして、梅子のバトンを着実に引き継ぎ、『変革を担う女性』たちをこれからも力強く育ててまいります」

と高橋裕子学長の名義でコメントを寄せた。