4連勝の広島は「完調に近い」 「勝ち方を知ってる」王者の凄み

4連勝の広島は「完調に近い」 「勝ち方を知ってる」王者の凄み

4連勝の広島は「完調に近い」 「勝ち方を知ってる」王者の凄みの画像

広島は2019年4月21日、マツダスタジアムでDeNAと対戦し、7−4で勝利した。1回、先頭・田中広輔内野手(29)が中前で出塁すると、3番・野間峻祥外野手(26)から4連続安打と押し出しで4点を先制。2回までに6点の援護を受けた先発クリス・ジョンソン(34)は、5回1失点の投球で今季初勝利を挙げ、チームは今季初の4連勝を飾り最下位を脱出した。

20日の第2戦に続いて序盤での猛攻で試合を決めた。DeNAは中継ぎの国吉佑樹投手(27)を先発のマウンドに送る「オープナー」制で広島打線の目先を変えようと試みるも、上り調子の鯉打線には通用しなかった。打線は2試合連続の2ケタ安打をマークし、期待の左腕にようやく初白星。復調の兆しを見せる王者だが、昨年までヤクルトのコーチを務めていた野球解説者の野口寿浩氏(47)はどう見るか。J-CASTニュース編集部が聞いた。

「ここぞという時の集中打はすごいものが...」

野口氏は「17日の巨人戦で劇的な勝ち方をしたことで波に乗った感じですね。打線は完全に乗ってきています。去年、ヤクルトのコーチとして色々と対策をしてきましたが、広島打線のここぞという時の集中打はすごいものがありました。1イニングに4点以上、得点する場面が見られるようになりましたし、完調に近いでしょう」と指摘する。

また、野口氏はジョンソンの初勝利が、チームの投手陣に与える影響は大きいという。ジョンソンは今季、3試合に先発して勝ち星はなし。この日は初の中4日でのマウンドで、苦手とするDeNA相手に5回1失点で投げ切った。昨シーズン11勝の左腕は今季、3年契約の最終年となるが、春季キャンプ前に2020年の1年契約を勝ち取り、球団からの期待も大きい。

ローテーションの柱となるべくジョンソンの初勝利に野口氏は「1つ勝ったことで自分の中のモヤモヤが取れる。これで精神的にもだいぶ楽になったと思います。外国人選手は割り切りが上手なので、これから乗ってくるでしょう。ジョンソンの活躍につられて、九里(亜蓮)投手や岡田(明丈)投手も引っ張れていくと思いますので、投手陣も上向いていくでしょう」と、ジョンソンの1勝が投手陣にもたらす効果を指摘した。

一方、懸念材料は...?

チームが完全復活に向けて上昇気流に乗るなか、野口氏が懸念するのが、松山竜平外野手(33)の戦線離脱だ。松山は20日のDeNA戦で146キロの直球を右側頭部に受け負傷退場。広島市内の病院で診察を受けた結果、「脳震盪(のうしんとう)、右側頭部打撲」と診断され、21日に出場選手登録を抹消された。現在はNPBが定める復帰プログラムに取り組んでいるというが、復帰のメドは立っていない。

「私は頭部に死球を受けたことがないのではっきりとしたことは言えませんが、非常に心配しています。今はNPBのプログラムに沿ってリハビリの段階にあると思いますが、完全に復活するまでは時間がかかると思います。昨年、ヤクルトのベンチから見た印象では、松山選手はチームの中心にいて、新井(貴浩)選手と一緒にチームの雰囲気を盛り上げているように感じていました。松山選手の離脱が、逆にチームにまとまりをもたらすことも考えられますが、広島の3連覇に大きく貢献してきた選手ですから心配ですね」(野口氏)

広島は明日23日からマツダスタジアムで好調・中日を迎えての3連戦。そして27日からは神宮に乗り込み2位ヤクルトとの3連戦を皮切りに、ゴールデンウィークの12連戦を控える。

「広島は3連覇をしているチーム。ここ数試合を見ても分かる通り、勝ち方を知っています。鯉のぼりの季節が来て鯉が来た感じですね。今年の鯉はここから始まるでしょう」(野口氏)