悠仁さまの席に刃物、犯人は「エヴァ」ファン? TBS番組で八代氏が言及

悠仁さま席の「刃物」に「新世紀エヴァンゲリオン」指摘する声 八代英輝弁護士も言及

記事まとめ

  • 悠仁さまが通うお茶の水女子大学附属中の教室に何者かが侵入、席に刃物を置いて去った
  • ネット上ではアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する「ロンギヌスの槍」を指摘
  • TBS系「ひるおび!」では八代英輝弁護士がアニメから影響を受けた可能性を挙げた

悠仁さまの席に刃物、犯人は「エヴァ」ファン? TBS番組で八代氏が言及

悠仁さまの席に刃物、犯人は「エヴァ」ファン? TBS番組で八代氏が言及

悠仁さまの席に刃物、犯人は「エヴァ」ファン? TBS番組で八代氏が言及の画像

秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまが通う中学校の席に、不審な刃物が置かれていた事件が波紋を広げている。

注目されるのは、2本の刃物がピンク色に塗られ、棒の先に取り付けられていた点だ。その異様な形状から、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を意識したのでは、という説も飛び出し、ワイドショーでも言及があった。

棒の先に「ピンクの刃物」2つ取り付け

報道によれば、事件が起きたのは2019年4月26日、悠仁さまがこの春から通うお茶の水女子大学附属中でのことである。無人となっていた教室に何者かが侵入、悠仁さまの机の上に、「刃物」を置いて去った。校内では工事業者を名乗る男が目撃されており、警察がその行方を追っている。

問題は、その「刃物」の状態である。主要各紙によると、

「棒状のものにテープで巻き付けられた刃物2本が、悠仁さまの机と隣の机にまたがるように置かれていた。刃の部分はピンク色に塗られていた」(朝日、以下いずれもウェブ版)
「2本の刃物は長さ約60センチの棒の先にテープで固定されていた。果物ナイフとみられ、刃はピンクに塗られていたという」(毎日)
「刃の部分がピンク色に塗られた果物ナイフのような2本の刃物が、アルミ製の棒に粘着テープで固定された状態で、悠仁さまの机と隣の机にまたがるような形で置かれているのが見つかった」(産経)

ピンク色に塗られ、長い棒の先に固定された刃物――まるで「槍」のようだ。しかも、刃は2つである。報道とともに、その異様さが注目を集めた。

「ロンギヌスの槍」意識、との指摘が

こうした中、ネット上では「ロンギヌスの槍じゃん...」「ロンギヌスの槍を思い浮かべた」といった書き込みが複数出た。

ここでいう「ロンギヌスの槍」は、キリスト教の伝承にある「聖遺物」ではなく、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に登場するアイテムだ。色は赤く、通常の「槍」と違い、先端が二又に分かれている。その形状や色が、悠仁さまの机に置かれた刃物と似ている、というのである。

犯人の意図は現時点では定かではないが、29日の「ひるおび!」(TBS系)ではメーンコメンテーターの八代英輝弁護士がこの説に言及した。八代氏はロンギヌスの槍の名前を挙げ、「ピンクで登場したのは、たぶんアニメ番組」とし、「犯人像としてひとつの推測ですけど、そのアニメファンの方が、そういうものからインスピレーションを得た」と、「エヴァ」の名前は出さなかったものの、作品からの影響の可能性を指摘した。

この見立てには疑問を呈す人も少なくないものの、ツイッターで多くつぶやかれた言葉を集計するYahoo!リアルタイム検索のランキングで、放送後「ロンギヌス」がベスト20入りを果たすなど、注目を集めた。